ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

ビショップ博物館で日本人移民の服飾展覧会スタート

投稿者: Akiko 更新日:2012年08月15日

ビショップ博物館で日本人移民の服飾展覧会スタート

Textured Lives: Featuring the Collection of Barbara Kawakami

■国立日系米国人博物館と共同で開催

ハワイの人口の約14%にもなる日系人、現在は5世、6世の姿も見られます。今から100年以上前、19世紀末に海をわたってハワイへやってきた、日本人移民の人々の服飾に焦点をあてた貴重な展覧会が、8月18日(土)~10月15日(月)まで、ホノルル市内のビショップ博物館で行われることになりました。

ロサンゼルスの日系米国人博物館と協力して行われるこの展覧会は、”Textured Lives”と名づけられ、ハワイのプランテーション農場で働いていた日系人たちの衣服をフィーチャーしています。

8月18日(土)の午前9時~2時には、オープニング・イベントが行われ、太鼓センター・オブ・パシフィックによる太鼓演奏や、プランテーションでの労働歌「ホレホレ節」の披露、パネル・ディスカッションや映画「ピクチャー・ブライドの上映」も行われます。

博物館の開館時間は、水曜日から月曜日まで(火曜日休館日)の午前9時~午後5時。詳細はこちらのページをご覧ください。

ビショップ博物館
場所:1525 Bernice St. Honolulu, HI 96817
アクセス:ワイキキからSchool/Middle St.行きの2番バス(同じ2番でもルートが異なるものがあるので、必ずSchool行きに乗車のこと)でカパラマ、スクールの交差点で下車。徒歩5分。車の場合は、ワイキキからH1経由で出口20Bを降りて突き当たり(Houghtailing St.)を右折、2本目(Bernice St.)を左折
駐車場:無料
電話:(808)847-8291(日本語)
ホームページ(日本語):www.bishopmuseum.jp

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース, 基礎知識, 歴史・社会・自然, 美術館・博物館
関連キーワード: ビショップ博物館, 日本人移民, 服飾展覧会スタート,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ