ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

オアフ島の男性がバレーボールに当たって命拾い

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2012年09月08日

オアフ島の男性がバレーボールに当たって命拾い

Volleyball Spike Saves Man’s Life

■ボールに当たってなかったら数年後には亡くなっていた?

ハワイ命拾い

オアフ島カポレイに住む60才の男性が、5ヶ月前のある日、孫のバレーボールの試合を観戦するために高校の体育館を訪れた際ボールが当たり、そのときプレーをしていた本人を現在も探しているといいます。

その理由は、ボールに当たったおかげで彼が命拾いをしたから。当たった瞬間は「目が思い切り開くくらい、誰かに強く殴られたよう」だったそうで、その後車を運転している最中に左目が見えなくなり、病院に行ったところ、思わぬ診断が下されたというのです。

それは右脳に動脈瘤ができ破裂していたという事実。医師によるとその破裂はおそらく数年前からあったもので、このまま気づかず放置していたら数年後には亡くなっていたとのこと。その後男性は手術を受け、現在は健康に過ごしており、ボールを当てた本人にお礼を言いたいと話しているそうです。

(KHON2より)


この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: オアフ島, バレーボール, 命拾い, 男性,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ