ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

ハワイ島マウナケアの望遠鏡の解析で77億光年離れた銀河を発見

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2013年01月02日

ハワイ島マウナケアの望遠鏡の解析で77億光年離れた銀河を発見

Astronomical Telescope Found New Milky Way

■NASAの広域赤外線探査衛星が発見

※写真はイメージです。© 国立天文台

ハワイ島マウナケア山頂にある日本の望遠鏡「すばる」と、アリゾナ州キットピークにある「WIYN望遠鏡」のデータの解析により、NASAの広域赤外線探査衛星(WISE)が77億光年離れた銀河集団を発見しました。銀河団とは多数の銀河が互いの重力でまとまっている大規模な集団で、数十個から数千個の銀河が含まれているといわれています。

すばるは過去に、2012年4月に総合研究大学院大学の大学院生、利川潤さんと国立天文台の柏川伸成准教授らがこれまでで最も遠い約127億光年離れた場所にある、銀河が集まった「銀河団」をとらえています。これらの新発見で、さらに宇宙の成り立ちの解明が進むと期待できます。

(Yahoo Newsより)

 

●国立天文台ハワイ観測所
ホームページ:www.subarutelescope.org/NAOJ/j_index.html

 

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース, ハワイ島, 離島案内
関連キーワード: ハワイ島マウナケア, 望遠鏡, 発見, 解析, 銀河,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ