ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

国立天文台がハワイ島に超大型望遠鏡の制作に着手

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2013年06月11日

国立天文台がハワイ島に超大型望遠鏡の制作に着手

ハワイ・ニュースNational Astronomical Observatory of Japan Starts to set Big Telescope

■完成は2021年の予定


©国立天文台


ハワイ島マウナケア山頂付近に建設する、超大型望遠鏡(TMT)の鏡の製作に着手したと、国立天文台が発表しました。

望遠鏡は口径30mで、現在マウナケア山頂にある、日本のすばる望遠鏡は口径約8mで、光を集める能力は13倍、暗い天体を検出する感度は14~200倍にもなるそうです。建設後は、広い範囲を観測できるすばる望遠鏡で大まかな位置を特定し、TMTでさらに詳細を調査するといった連携が期待されています。

建設にはアメリカ、カナダ、中国、インドが参加しており、2014年度に建設がスタート、2021年の完成を目指しています。

(産経ニュースより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース, ハワイ島
関連キーワード: ハワイ島, 制作, 国立天文台, 着手, 超大型望遠鏡,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ