ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

ハワイでタバコが買えるのは21才からになる?!

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2013年09月13日

Hawaii County Considering Raising Tabacco Age Restriction from 18 to 21

■現行の18才から21才に引き上げる新法案が提案予定

ハワイ州議会では、タバコが購入できる年齢を21才に引き上げることを検討しており、来週には新法案を提出予定であることがわかりました。

タバコがハワイで買える現行の年齢は18才から。アメリカではすべての50の州に、最低ラインとして18才以上と定めるよう求めており、オバマ大統領は2009年に喫煙予防に関する制定に署名をしています。喫煙者の多くが21才よりも若いときからタバコを吸い始めていることから、ハワイではその年齢の引き上げに前向きに検討されているようです。

(KITVより)

 

■関連情報/事前にチェックしておきたい!ハワイの意外なルールTOP10

■関連情報/ハワイのビーチ、公園、バス停での禁煙法が決定

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: タバコ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

3 responses to ハワイでタバコが買えるのは21才からになる?!

  1. 私的にはこれは賛成です。若いうちから喫煙すると依存症になりやすいそうなので。

  2. とても喫煙率が低いハワイ。愛煙家の方は吸える場所が限られていますのでご注意を。

  3. ちなみにハワイでタバコを買おうとすると1箱$10と、とっても高いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ