ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

アラン・ウォンがハワイ島産コーヒーブランドをプロデュース

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2013年11月27日

Alan Wong Partners on New Hawaii Coffee Brand

■ハワイ島のカウ地区にあるコーヒー豆にフィーチャー

ホノルルの高級なレストランとして有名な「アラン・ウォンズ」や「パイナップル・ルーム」を手がけるシェフ、アラン・ウォン氏が、地元ハワイのコーヒーメーカー、ハワイ・コーヒー・カンパニーと提携して、ハワイ産のコーヒーをプロデュースしました。

「ライオン・コーヒー」を作るメーカーとして知られるハワイ・コーヒー・カンパニーは、2年間に及ぶ期間をかけて、アラン・ウォンと協力し、製造ラインの確立までこぎつけました。彼らが注目したのは、ハワイ島にあるカウ地区のコーヒー豆。しかしわずか600エーカーのコーヒー畑しかなく、このカウ・コーヒーが広く知られていくことで、いずれ3,000~4,000エーカーに拡大していきたいと考えているそうです。

カウ・コーヒーは1袋7オンス(約200g)入りで$4.99の小売価格で販売されるそうです。
(パシフィック・ビジネス・ニュースより)

 
■関連情報/有名シェフにインタビュー、アラン・ウォン
■関連情報/ハワイの名シェフが手がける名物ロコモコなら「パイナップル・ルーム」で

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: アラン・ウォン, ハワイ島産コーヒーブランド, プロデュース,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

1 response to アラン・ウォンがハワイ島産コーヒーブランドをプロデュース

  1. 義母がカウ(Ka’u)の出身なんですよ。カウのコーヒーはすごく美味しいです。さらにアラン・ウォンさんのプロデュースとなれば、鬼に金棒ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ