ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【話題】絶滅危惧種、2種類の鳥の雛が相次いで誕生!

投稿者: Akiko 更新日:2014年08月22日

Rare birds successfully Reproduce

■ハワイガラスの総数は114羽に

ハワイのビーチ

ハワイには外来種の侵入などにより絶滅が危惧されているハワイ固有の動植物が多数ありますが、ALALA(アララ=ハワイガラス)とよばれるカラスもその一種。2002年以来絶滅危惧種の認定を受けています。そのアララの雛が9匹、ハワイ島のケアウホウ鳥類保護センターで誕生し話題を呼んでいます。これでアララの総数は114羽となりました。

■関連情報/ハワイ花図鑑
■関連情報/ 【話題】ハワイの州鳥、野性のネネがオアフ島で発見される
■関連情報/ 【ファミリー】家族連れに大人気のスポット「ホノルル動物園」徹底取材!

また、サンディエゴ動物園グローバル・マウイ鳥類保護センターでは、同じく絶滅が危惧されている、PALILA(パリラ)と呼ばれる頭の黄色いスズメ目の鳥が6個の卵をあたためているのが発見されました。パリラは現在数千羽は生息していますが、その数は全盛期の5%以下にまで減っています。ハワイ固有種が脅かされ、関係者が必死で保護活動を行っている中、嬉しいニュースですね。

(Hawaii Magazine.com、Honolulu Star Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース, 基礎知識, 歴史・社会・自然
関連キーワード: ハワイ, ハワイ島, マウイ, 絶滅危惧種, 自然, 自然保護, ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ