ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【カルチャー】カイウラニ王女の誕生日を記念して銅像にレイを

投稿者: Akiko 更新日:2014年10月18日

Outrigger & OHANA Hotels Celebrates the Birthday of Princess Ka’iulani

■愛する人にレイを贈るのはハワイの習慣

プリンセス・カイウラニの誕生日セレモニー

10月16日(木)午前10時より、ワイキキの中心(クヒオ通りとカイウラニ通りの角)にある「プリンセス・カイウラニ・トライアングル・パーク」で、ハワイ王朝時代のプリンセス、カイウラニ王妃(1875-1899)の誕生日を記念したセレモニーが、アウトリガー・エンタープライズ・グループとオハナ・ワイキキ・イーストの主催で行われました。

■関連情報/ エリコのアロハ映画館 Vol.2 プリンセス・カイウラニ(Princess Ka’iulani)
■関連情報/ 【話題】カメハメハ大王のレイに使うプルメリアが不足、一般から寄付募集中

この公園には、1999年にアウトリガー・グループとその創始者のケリー家によってカイウラニ王女のブロンズ像が建てられています。そのブロンズ像に、ハワイアンのグループによる詠唱の中、王女の愛する花で編んだレイが捧げられました。

プリンセス・カイウラニの誕生日セレモニー

カイウラニ王女は1875年、アーチボルド・クレグホーンというスコットランド人の父と、カラカウア王の妹リケリケの間に生まれましたが、生まれてすぐカラカウア家に養女に出されプリンセスとして養育されました。カラカウア王が日本に外遊したときには、明治天皇に日本の山階宮と5才のカイウラニ王女の縁談を相談したりもしたそうです。ハワイ王朝最後の王女としてヨーロッパで教育を受け、社交界の花としてもてはやされた美しいカイウラニ王女ですが、ハワイ王朝が崩壊したときには、ニューヨークでヨーロッパ仕込みの洗練されたスピーチを行い、アメリカのマスコミに感銘を与えたと言う逸話も残っています。最後の女王として、王女の即位を願う人々も多かったのですが、残念なことに病気のためにたった23才という若さで亡くなってしまいました。

プリンセス・カイウラニの誕生日セレモニー

孔雀を愛した美しい王女の物語に思いを馳せてみませんか?

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, ニュース, 基礎知識, 歴史・社会・自然
関連キーワード: アウトリガー, オアフ島, カイウラニ王女, ハワイ, ハワイの歴史, プリンセス・カイウラニ, レイ, ワイキキ, 王族, 銅像,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ