ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

【話題】ハワイアンカルチャーセンター計画案が浮上

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2014年10月25日

Paradise Park may reopen as Hawaiian cultural center

■20年前に閉園したマノアのパラダイスパーク

20年前に閉園したマノアにあるパラダイスパークを、フラと音楽のためのハワイアン・カルチュアルセンターとしてオープンする計画案が浮上し、注目を集めています。

■関連情報/ ハワイでアートに触れる-ハワイの美術館・イベント情報
■関連情報/ ハワイで直撃インタビュー 第67回 彫刻家 シゲ・ヤマダさん

マノア滝登山口近くにあり、緑溢れる大自然の中でさまざまな植物や鳥類が観察できる自然公園として、1960年代後半にオープンして以来、地元民や観光客をはじめ、学校の遠足コースとしても人気が高かったパラダイスパークですが、1994年1月に閉園しました。2004〜2007年にかけて、公立チャーター校のハラウ・ク・マナがキャンパスとして利用していましたが、現在はマノアの滝を訪れる人たちが利用するスナックショップとトイレが運営されているだけです。

同園の所有者のひとり、フラスクールのハラウ・フラ・カ・ノエアウの講師を務めるマイケル・ピリさんが中心となり、パラダイスパーク跡地をフラダンサーやミュージシャンの練習場として、またハワイアンアートやクラフトの製作場として利用するハワイアン・カルチュアルセンターをオープンする計画が進められているということです。ピリさんらによりますと、将来的にはマノアバレーの雄大な自然美を紹介する博物館や、新しい庭園、演技場などを併設する計画だそうです。

計画案では年間の訪問者数を43万人に制限するなど、近隣住民への配慮が盛り込まれ、同案はちかく州土地使途委員会で協議される予定となっています。

(Hawaii News Nowより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ