ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【隣島】ハワイ通が最後に行き着く究極のリゾート、ラナイ島の紹介ページが登場

投稿者: Akiko 更新日:2014年11月28日

Discover Lanai Page Launched

■手付かずの自然と最高のホスピタリティにあふれた小さな島

一度足を踏み入れると、何度も訪ねたくなるのがハワイだといわれています。ツアーやグループ旅行で訪れてハワイの魅力にはまり、その後「リピーター」になられた方も多いのではないでしょうか? まずはオアフ島のワイキキ、そしてアラモアナ、コオリナにカイルア、ノースショア。オアフ島から飛び出して、ハワイ島やマウイ島、カウアイ島などのネイバー・アイランド(隣島)を訪れる方も多いことでしょう。レンタカーを駆使して、自分のペースで自由自在に過ごす、ネイバー・アイランドの旅。自然にどっぷりと浸ったり、人々との触れ合いを楽しんだり。または、欧米諸国からの旅行者のように、ゴルフ三昧や、ラグジュアリーなリゾートで「何もしない」という贅沢を選択し、命の洗濯も良いものですよね。

■ネイバーアイランド情報/ ラナイ島の魅力を徹底解剖
■関連情報/ 【ホテル】フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレベイの客室が新しく

ラナイ島紹介ページができました。

ハワイを知り尽くした、「真のハワイ通」が最後に行き着くのが、ラナイ島といわれています。小さなこの島は近年、オラクル社CEOのラリー・エリソン氏によってその大部分が購入されたことで、世界中の注目を集めました。エリソン氏は小さな宝石のようなラナイ島の魅力の虜となり、この島を持続可能なエネルギーのショーケース、環境に優しい島へと導いています。昼間は人口が少なくプライベート感あふれるビーチでくつろぎ、夜は満点の星空のシャワーに身を任せる。そんな贅沢もラナイ島なら思いのまま。最高に美しい2つのリゾート、海辺に佇む「フォーシーズンズ リゾート ラナイ アット マネレベイ」と、高原の爽やかさが楽しめる「フォーシーズンズ リゾート ラナイ ザ ロッジ アット コエレ」で、地産地消に重きを置いた至高のグルメを楽しんだり、4WDの車を駆って自然の中をドライブしたりと、忘れられない思い出が作ってみませんか?

ラナイ島の紹介ページは、こちらからどうぞ。オアフ島からの行き方やラナイ島の魅力、ちょっと意外なこぼれ話までをみっちりと網羅しています。まだラナイ島を訪ねたことがない方も多いかと思います。どうぞ、このページでラナイ島の魅力の一端を感じてみてくださいね。なお、他のネイバー・アイランド情報は、こちらのページからご覧いただけます。

 

フォーシーズンズ リゾート ラナイ アット マネレベイ
場所:One Manele Bay Road P.O. Box 631380 Lana‘i City, Hawai‘i 96763
電話:(808)565-2000
ウェブサイト(日本語):www.fourseasons.com/jp/manelebay/
日本語公式Facebookページ:www.facebook.com/FourSeasonsResortsLanaiJP

フォーシーズンズ リゾート ラナイ ザ ロッジ アット コエレ
場所:One Keomoku Highway P.O. Box 631380 Lana‘i City, Hawai‘i 96763
電話:(808)565-4000
ウェブサイト(日本語):www.fourseasons.com/jp/koele/
日本語公式Facebookページ:www.facebook.com/FourSeasonsResortsLanaiJP

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース, ホテル, ラナイ島, 離島案内
関連キーワード: ネイバー・アイランド, フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ, ラグジュアリー, ラナイ島, リゾート, リピーター, 徹底紹介, 究極, 紹介, 自然, 魅力,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ