ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

【話題】ハワイ各地で10m級の高波による被害が多数発生

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2015年01月24日

Big surf hits hard

■引き続き警戒が必要

ノースショアの大波は冬の風物詩

今週半ばから大波が押し寄せているハワイですが、州内各地でボートが沈没したり、海岸沿いの州施設が損傷を受けるなどの被害が出ています。

ハワイ時間で1月23日(金)現在、オアフ、カウアイ、モロカイ、ニイハウ各島の北、西海岸とマウイ島の北海岸、そしてハワイ島の西海岸に高波注意報が出されています。高波は 24日午後6時ごろまで続くものとみられており、十分注意して下さい。

■関連情報/ ハワイで直撃インタビュー、ノースショアの大波に挑む写真家、クラーク・リトル
■関連情報/ AuntyAyaのブログ、ビーチの赤旗はサーファーにとっては青旗
■関連情報/「こだわりのハワイ」第29回 ハワイ在住者がお気に入りのビーチ教えます!

オアフ島のノースショアでは、波の高さが22日には7.5〜10メートルに達し、23日には6〜9メートと徐々に小さくなりますが、引き続き警戒が必要です。サウスショアも週末は3.5〜5.5メートル程度と予想されています。

オアフ島のバーバーズポイントでは22日午後、全長約28メートルの小型船が沈没、ハワイ島プナビーチではライフガードの監視塔が損傷、さらに数カ所の海岸で送水管が損傷し、公衆トイレが使用できなくなるなどの被害が出ています。またオアフ島のカエナポイント州立公園、ハワイ島のハプナ海岸、ラパカヒ州立公園などでは閉鎖措置がとられました。

巨大波を一目見ようと、オアフ島ノースショアでは連日、見物人が多数訪れ、周辺道路では深刻な交通渋滞が発生しています。22日の救助件数はノースショアで5件、サウスショアでは84件に達し、予防警告措置は両海岸あわせて1,000件余りに上るなど、ライフガードにとっては多忙な1日となりました。

(Honolulu Star-Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: スポーツ・セレブ, ニュース, 特集
関連キーワード: ノースショア,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*