ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【話題】ソーラープロペラ機、ハワイに向け名古屋空港を出発

投稿者: Akiko 更新日:2015年06月30日

Sun-Powered Plane Leaves Japan for Isles

■世界一周飛行に挑戦中のソーラー・インパルス2

オアフ島のラニカイ・ビーチ

 

太陽エネルギーでの世界一周飛行に挑戦中の1人乗りプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が、6月28日午前(ハワイ時間)にハワイに向け愛知県名古屋空港を飛び立ちました。順調にいけばおよそ120時間でハワイに到着するということです。

■ 関連情報/アラモアナセンターが巨大太陽電池を設置
■ 関連情報/【話題】ハワイ州、次世代エネルギーを積極的に導入

世界一周飛行は、スイスの民間団体が再生可能エネルギーとクリーン技術の可能性を証明し、飛行技術の革新を目指す目的で計画。操縦士のアンドレ・ボルシュベルグ氏がたった1人で乗り込むソーラー・インパルス2は、両翼に約1万7000枚のソーラーパネルが設置されており、蓄電が可能なため夜間飛行も可能ということです。

同機は3月にアラブ首長国連邦のアブダビを出発、インドやミャンマーなどを経由し、5月31日(ハワイ時間)に中国・南京を離陸し、ハワイに向かっていましたが、悪天候のために急きょ予定を変更し、名古屋空港に着陸していました。

(Honolulu Star-Advertiser/yomiuri.co.jpより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: スイス, ソーラー・インパルス, ソーラー・インパルス2, ソーラー飛行機, ハワイ, 世界一周, 太陽エネルギー, 次世代エネルギー,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ