ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【話題】ハワイの上院議員、47年ぶりに日本人母と再会

投稿者: Akiko 更新日:2015年07月07日

Hawaii state senator meets birth mother after almost half a century

■生後間もなく養子縁組で日系夫妻に引き取られる

ハワイの上院議員、日本人の生みの母と再会!

 

かつて地元ハワイのニュース番組のリポーターなど報道業界で活躍、現在は州上院議員として行政に携わるグレン・ワカイさん(48)が、昨年日本人の生みの母親と47年ぶりに感動の再会を果たしていたことが明らかになりました。

■関連情報/【話題】「日本人がまだ知らないかもしれないハワイ」1位に選ばれたのは?
■【話題】ハワイ住民の幸福度・健康度は全米2位

ワカイさんの母親のボートン洋子さん(64)は、沖縄から美容師になるため上京していた16歳のときに出産。1人で子どもを育てることを決意していましたが、周囲の強い反対にあいワカイさんを乳児院に預けました。ワカイさんは1歳半のときにハワイの日系夫妻に養子縁組され、養子として大切に育てられました。

ワカイさんは自分が養子であることを知っていましたが、両親への遠慮から実の母親について調べたり、再会を望むことはしなかったといいます。

2年前の秋に育ての母親が病死、そのときに父親から乳児のころの写真が貼られたパスポートを渡されたそうです。パスポートには「島袋満」とありました。その後、父親も病死し、これをきっかけにワカイさんは実母との再会を決意したといいます。

日本出身の妻、美希さん(43)の協力のもと、養子縁組を仲介した機関を通じて沖縄に住む洋子さんを見つけ出し、昨年洋子さんが米国人の夫とハワイを訪れ、2人は47年ぶりの再会を果たしました。

洋子さんはワカイさんを手放してから1日たりとも忘れたことはなかったといい、泣きながらワカイさんに詫びたといいます。ワカイさんは生んでくれたことを洋子さんに感謝し、「自分のことを宝のように思っていてくれたことが分かり嬉しい」と話しています。

(The Asahi Shimbun参照)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: ハワイ, ハワイ州上院議員,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ