ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

【話題】高速道さまよう畜牛、射殺される

投稿者: Eriko 更新日:2015年07月18日

Police kill errant cow

■ マカキロの牧場から脱走

whale

 

オアフ島西部のマカキロ地区でハワイ時間の7月16日午後、牧場から脱走したとみられる畜牛がファーリントン・ハイウェイをさまよい、通報を受け現場に急行した警官に射殺されるという騒ぎがありました。

■関連記事/【話題】H1高速、ジップレーン故障で昨夜は大渋滞に!
■関連記事/【オアフ島ガイド】コオリナ・リゾート徹底取材

調べによりますと、ロジャーG牧場から脱走した畜牛は午後3時30分ごろ、コオリナ近くのファーリントン・ハイウェイの路肩をナナクリ方面に歩いていたということです。目撃者の話では、牛は道に迷った様子で、路上に飛び出すなどしたため周辺道路で渋滞が発生。その後、牛は通行人に突進したり、車両に体当たりするなど暴れ出したため、現場に駆け付けた警官に射殺されました。

当時牧場近くでは州の作業員による伐採作業が行なわれていたといい、切り落とされた枝でフェンスに穴が空き、そこから牛が脱走したとみられ、牧場のオーナーは「そっとしておけば牛は牧場に戻ってきたはず。だれかが牛を怖がらせて、騒動となったんでしょう」と肩を落としています。

射殺の様子が報道されると、動物愛護団体関係者などから「殺さなくてもよかった」との批判の声も上がっているそうです。なお、射殺された牛の肉は「どこかの家庭で美味しく食べられることでしょう」と牧場オーナーは話しています。

(Honolulu Star Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ