ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【話題】6メートルの亀裂に落ちた犬をレンジャーが救助!

投稿者: Akiko 更新日:2015年10月07日

Dog rescued from earth crack in Hawaii Volcanoes National Park

■犬の散歩にはリードをお忘れなく

キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報

 

先週土曜日の午後、2匹の犬を連れてハワイ島のボルケーノ国立公園(ハワイ火山国立公園)とゴルフコースの境界付近を散歩していた女性の犬が、6メートルもの亀裂に落ちましたが、パークレンジャーの男性によって救出されました。女性は2匹の犬のリード(リーシュ)を外して自由に走らせていましたが、一匹はまもなく戻ってきたものの、4才のラブラドール・レトリバー、「ロメオ」が戻ってこなかったため、夜を徹して探していたそうです。朝になり再びその場に戻って捜索を再開したところ、女性は地面にできた亀裂の底から、弱々しいロメオの鳴き声を聞いたため、すぐに助けを求めました。

■関連情報/【スポーツ】92歳でホノルルマラソン完走の女性、「今年はゴールラインで応援」
■関連情報/ AuntyAyaのブログ、ハワイの弱虫犬MJ 犬の学校、犬の幸せ♥️

連絡を聞いたパークレンジャーの男性は、この状態ならば安全にロメオを救出できると見通しをたて、ロープを使って亀裂の底へ。ロメオにハーネスを付け、仲間のレンジャーがロープをゆっくりと引っ張り無事救出したそうです。

国立公園局は、国立公園内には安全のために動物が立ち入ることのできないエリアも多数あり、また、他の訪問者への安全のためにも、公園内でペットを散歩させるときは、必ずリードを付けるようにと指導しています。

(Honolulu Star Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: スポーツ・セレブ, ニュース, 特集
関連キーワード: キラウエア火山, パークレンジャー, ハワイ島, ハワイ火山国立公園, ボルケーノ国立公園,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*