ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

【話題】今週金曜日より、ハワイの喫煙年齢が18才から21才に引き上げに

投稿者: Akiko 更新日:2015年12月30日

Hawaii to change legal age for tobacco sales to 21 on Jan. 1

■アメリカ国内初、21才以上じゃないとタバコが買えなくなります

ハワイで喫煙できるのは21才からになります

 

喫煙可能年齢を現行の18才から21才に引き上げる法案にハワイ州のデイビッド・イゲ(伊芸)知事が署名したことで、同法が成立したのが今年6月のこと。いよいよ今週金曜日、2016年1月1日から施工されます。

■関連情報/ 2015年版 事前にチェックしておきたい!ハワイの意外なルールTOP10
■関連情報/ 【話題】ハワイ大学マノア校、全面的に禁煙に!

すでにハワイ島では昨年から21才に引き上げられていますが、州全土での引き上げはアメリカ国内で初めてとなります。新法により、21才以下でのタバコ、電子タバコ、噛みタバコの購入が禁じられることになり、違反者には初回の場合に$10、2回目以降は$50の罰金が科されることになります。また罰則は購入者だけでなく販売した店のオーナーにも科せられることになり、初回は$500、2回目以降は$2000の罰金が設定されています。

喫煙者の多くが10代で喫煙を始めることから、今回年齢を引き上げることで「若者の喫煙を防止でき、喫煙抑止に繋がる」とイゲ知事は新法に期待感を示しています。

ハワイの空気の美しさは、喫煙に対する規制の厳しさによって保たれているとも言えますね。旅行者の方は喫煙される方も多いと思いますが、ハワイではビーチなど公共エリアでの禁煙は禁止されていますのでご注意下さい。

(Pacific Business Newsより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: ハワイでの喫煙事情, ハワイのタバコ事情, ハワイ禁煙, 分煙, 禁煙,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ