ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

【訃報】重量挙げチャンピオン、トミー・コーノ氏が死去

投稿者: キョーコ 更新日:2016年04月26日

Olympic weightlifter Kono dies at 85

■金メダル2個獲得、4階級で記録保持する元オリンピアン

海を越えた550頭の豚

 

オリンピック重量挙げチャンピオンのトミー・コーノ氏が4月23日(日)にホノルルで死去しました。85才でした。家族によりますと肝硬変による肝臓の合併症が悪化したためということです。

コーノ氏はオリンピックに3度出場し、1952年のフィンランド・ヘルシンキ大会では148ポンド級、1956年のオーストラリア・メルボルン大会では182ポンド級で優勝。1960年のローマ大会でも165ポンド級で銀メダルを獲得しています。

カリフォルニア州で生まれたコーノ氏は、1970年代にハワイに移住。167センチと小柄ながら、26の世界記録と6つのオリンピック記録を塗り替え、4つの階級で記録を保持する唯一の選手です。

1976年のカナダのモントリオール五輪では、重量挙げ米国代表チームのヘッドコーチを務めました。またボディビルダーとしても成功を収め、1954年にはボディビルコンテストのミスターワールドで優勝しています。1990年には米国オリンピックの殿堂入り、1994年には国際重量挙げの殿堂入りを果たしました。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ