ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

アキラメン

静岡子ども環境大使の白鳥さんがハワイのウミガメ文化を研究!

投稿者: アキラメン 更新日:2016年08月10日

A Japanese High School Student Coming to Study Honu

■「ウミガメに関連したハワイの文化を学びたい」

389d420a8b9672d891911ef17c2eabdf_s

2016年8月16日から23日の間、静岡県富士宮市立一中1年の白鳥心咲さんが、ハワイを訪れウミガメの生態や保護に関しての研究とプレゼンテーションを行います。

■関連記事/【ニュース】ハワイと静岡県菊川市の中高生が国際交流
■関連記事/ 次世代のクリーン・エネルギー開発でハワイと静岡が提携

白鳥さんは、2015年より環境大使として活動しており、8月8日には、富士宮市役所で、芦沢英治副市長と面会し、日本や世界のウミガメの生態などについて、英語で説明しました。ハワイには、彼女のほかに県内の3人の中学生が同行し、ハワイの学生らと交流を行います。

ハワイでは、幸運のシンボル「ホヌ」として愛され続けているウミガメは、絶滅危惧種に指定されており、ウミガメを守るための様々な保護活動が行われています。ハワイの伝説にも多く登場するホヌのことを学んで、彼女が日本とハワイを繋ぐ架け橋になってほしいですね!

(@S[アットエス] by 静岡新聞より )

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ