ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイアン航空が成田-ホノルル線のフルフラットシートの販売開始!

投稿者: Eriko 更新日:2016年10月11日

Hawaiian Airlines Begin Selling Premium Cabin with New Full Flat Seats

■フルフラットシート導入は12月5日から!

2-10

 

乗った瞬間からハワイが感じられると定評のハワイアン航空がこのほど、成田-ホノルル線にてフラットシートを導入したプレミアムキャビン(ビジネスクラス)の販売を開始しました。フルフラットシート導入の航空機A330 型機は12月5日から搭乗が可能です。

■関連記事/ハワイアン航空、10月30日より羽田-ホノルル線昼間便の開始!
■関連記事/ハワイアン航空のエキサイティングな夏の最新情報!

ハワイアン航空の上席副社長(マーケティング部門)であるアヴィ・マニス(Avi Mannis)は、「プレミアムキャビンの中で最も重要な装備であるフルフラットシートは、ハワイの景色、音、風情のすべてを取り入れ、検討を重ねて作り上げられた。来年以降もより多くの路線で提供できることを楽しみにしている」と述べています。

広々としたプレミアムキャビンは波と海を連想させる、流れるような曲線を取り入れており、18 席の革製のフルフラットシートには幅20.5 インチ(52cm)、長さ76 インチ(193cm)のゆったりとしたフルフラットベッドが採用してあります。席は2-2-2 のレイアウトで配置され、レジャーや旅行を目的としたカップル、家族、ハネムーナー、また出張で利用の人々にも上質のフライトが提供されます。

ha

さらに、ハワイのデザイナーであるシグ・ゼーンと提携し、アメニティキットの新アイテムとなるキルト毛布とマルチクッションを製作。これらの新アイテムは、「アウリイラニ・レフア」というハワイに生育する花をモチーフにした花柄で彩られています。また、プレミアムキャビンでは、ハワイまでの旅路をくつろぎながら過ごせるように、ハンド・ボディローション、リップスティック、保湿ミスト、歯ブラシセット、竹製の櫛、そしてE Hiamoe Maika‘i(ハワイ語で「ぐっすりおやすみなさい」の意味)へと誘う、遊び心あふれるスリッパを模したデザインの機内用靴下に加え、アイマスクやビロードのマットレスパッド、枕などが提供されます。

また、ハワイアン航空のエグゼクティブシェフ チャイ・チャオワサリー(ハワイ発便)とオアフ島の人気レストラン「Koko Head Café」のオーナー兼シェフのシェフ リー・アン・ウォン(日本発便)が手掛けた、世界最高レベルのハワイの郷土料理をお楽しみいただけます。食事は、オーダーメイドの食器やナプキン、トレーで提供されます。ウェルカムカクテルとフルサービスのドリンクバーでは、ハワイアン航空オリジナルのマイタイ、マスターソムリエ チャック・フルヤが厳選したワイン、ハワイ産のクラフトビールとスピリッツが楽しめます。

フルフラットシートを導入したハワイアン航空のプレミアムキャビンは、12 月5 日よりホノルルと成田、ブリスベン、オークランド、そして、12 月13 日よりホノルルとシドニーを結ぶ路線にてご利用いただけます。今後は、2017年にワイドボディのA330 型機23 機の改修の完了後に順次、運用路線を拡大していく予定です。ハワイアン航空のプレミアムキャビンは、今年の夏に米国西海岸路線にてサプライズ運用を開始しました。米国本土では今後も、様々な路線において不定期に運用される予定です。

ハワイらしいラグジュアリー感あふれるA330 型機のプレミアムキャビンにて、ハワイアン航空ならではのおもてなしによる快適な空が楽しめること間違いなしですね。

プレミアムキャビンの詳細については、こちらをご覧ください。

ハワイアン航空

ハワイアン航空
ハワイアン航空 日本地区旅客総代理店:
住所:〒105-0014 東京都港区芝1-4-3 SANKI芝金杉橋ビル8階
ナビダイヤル(有料):0570-018-011 (営業時間:9:30-17:30)
※IP電話など上記番号をご利用できない場合:03-6435-1179
ホームページ(日本語):www.hawaiianairlines.co.jp

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: ハワイアン航空, フルフラットシート,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ