ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

アキラメン

ハワイ島でトライアスロン競技に参加した83才日本人男性に世界が感動!

投稿者: アキラメン 更新日:2016年10月11日

Hiromu Inada who completed Ironman World Championship 2016

■見事完走を果たし、名誉である「アイアンマン」のタイトルを獲得

diamond-head-beach

2016年10月8日ハワイ島カイルア・コナで開催されたトライアスロン大会「アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ」にて、83才の稲田弘さんが制限時間内に見事ゴールを果たし世界で話題になっています。

■関連記事/初挑戦! ホノルルハーフマラソン・ハパルア2016
■関連記事/【ニュース】「ホノルルマラソン2016」オフィシャルアーティストはAIに決定

稲田さんといえば、昨年もアイアンマン・ワールドチャンピオンシップに参加し、制限時間(16時間50分)にあと5秒足りず、失格となってしまいました。しかし、彼がフィニッシュ・ゲート前で体勢を崩し、観客に支えられている写真は世界でも話題になりました。

今年は、水泳(3.8km)を1時間41分、自転車(180km)を8時間6分、長距離走(42.195km)を6時間34分で完走することに成功。フィニッシュタイム16時間49分12秒を記録し、見事リベンジを果たしました。フィニッシュ・ゲートでは、大勢の観客が大きな歓声と拍手で稲田さんを迎え、会場は感動の渦に包まれました。

世界トップレベルのアイアンマン・ワールドチャンピオンシップで、年齢をまったく感じさせず、努力を惜しまない稲田さんの直向な姿勢には、勇気を与えられますね。これからも無理せず世界で元気に活躍し続けてほしいですね。

(EUROSPORT及び参加者SNS、ブログを参照)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ