ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイに縁の深い孫文、生誕150周年

投稿者: キョーコ 更新日:2016年11月01日

Sun Yat-sen’s 150th birthday to be celebrated in November


■ワイキキで11月12日に記念イベント開催

oldschool

孫文が学んだというプナホウスクールの校舎オールドスクールホール

学生時代にホノルル市内の学校に留学するなど、ハワイとも縁の深い中国革命の父、孫文。生誕150周年を迎える11月12日(土)には、ワイキキのヒルトン・ハワイアン・ビレッジで記念イベントが開催されます。

場所:ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、タパボールルームI
日時:11月12日(土) 午後3時30分から午後5時30分

当日は特別試写会「Sun Yat-sen and Overseas Chinese」の後、講演、演奏会などが行なわれる予定。会場では写真展も開催。また生誕150周年を記念して、チャイナタウンやワイキキなどでも写真展や演奏会が計画されていますが、現段階では詳細は明らかになっていません。

孫文は1866年11月12日に清国広東省香山県翠亨村(現中山市)の農家に生まれ、13才のときに当時ホノルルとマウイでビジネスを営んでいた兄の孫眉を頼って、ホノルルを訪れます。ホノルルではイオラニスクールに入学、その後はオアフカレッジ(現プナホウスクール)に転校し、ハワイで西洋式教育を計4年間受け、西洋思想に目覚めたといわれています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ