ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

マウイのビッグウェーブ大会に初めて女子選手が出場

投稿者: キョーコ 更新日:2016年11月15日

Women compete at Jaws for first time

■WSL主催「ペアヒ・チャレンジ」

eddie2

11月に入り本格的なサーフィンシーズンを迎えたハワイですが、マウイ島ではワールドサーフィンリーグ(WSL)主催のビッグウェーブ大会「ペアヒ・チャレンジ」が11 月11日に開催されました。今季は初めて女子部門が開設され、12人の選手が30フィート(約9メートル)以上のビッグウェーブに挑みました。

「女子選手には危険すぎる」などの理由で、これまでビッグウェーブ大会の女子参加が見送られてきましたが、近年ではスポーツ参加への公平性が重んじられ、今回のビッグウェーブ大会で遂に女子選手への門戸が開かれました。カリフォルニアの有名な大会「タイタンズ・オブ・マーヴェリックス」でも今季から女子部門を開設することがすでに発表されています。

ペアヒ・チャレンジの会場は「ジョーズ」の呼び名で知られる人気サーフスポットで、今季は24人の男子選手に混じって12人の女子選手が出場しました。大波に巻かれてワイプアウトする選手が続出し、2選手がひざを負傷し病院に搬送されました。また選手の中にはワイプアウトでボードが真っ二つに割れるというアクシデントに見舞われるなど、棄権者も出て波乱の大会となりましたが、最終的には地元マウイ出身のペイジ・アーム選手が順調にスコアを重ねて、見事初代の女子チャンピオンに輝きました。

男子はこちらも地元マウイ出身のビリー・ケンパー選手が優勝しました。詳細はWSLのウェブサイト(www.worldsurfleague.com)で閲覧できます。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ