ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

シェラトン・ワイキキに今年もホリデーを祝う砂の彫刻が登場!

投稿者: Eriko 更新日:2016年12月01日

Sheraton Waikiki Unveils Sand-sational Holiday Displays

■楽しい砂の彫刻は絶好の撮影ポイント

sw_sandcastle

 

ワイキキビーチのオーシャン・フロントにそびえる人気ホテル、シェラトン・ワイキキに、今年で10回目となるホリデーシーズンをテーマにしたスノーマンを模った砂彫刻が登場しました。

雪や氷ではなく、常夏のハワイらしく砂で作られた彫刻は、フロリダ州メルボルンに本拠地を置くサンドセーショナル・サンド・スカルプティング社により制作されました。同社は、砂彫刻家ジル・ハリス氏によって制作された「スノーマンのバケーション」をテーマにしたホリデー仕様の作品と、ロビーに飾られた砂彫刻師であるトーマス・コエット氏による作品の両方を手がけています。

■関連記事/【編集部体験レポート】達人に聞く、旅タイプ別シェラトン・ワイキキの楽しみ方!(前編)
■関連記事/【編集部体験レポート】達人に聞く、旅タイプ別シェラトン・ワイキキの楽しみ方!(後編)

ホテルのメインロビーに位置する1 つ目の砂彫刻は、8トンの砂を使用しスノーマンたちがサーフボードを抱えているデザイン。正面入口付近に設置された2つ目の砂彫刻は、24トンの砂を使用してサンタがバーテンダーとなり、ラムファイヤーのカバナでスノーマン達にカクテルを振舞っている様子が描かれています。2つの作品を完成させるため、ハリス氏とコエット氏は合計250時間以上を費やしました。

サンドセーショナル・サンド・スカルプティング社、2007年よりシェラトン・ワイキキのロビーに素晴らしい作品の数々を披露してきました。過去にはホクレア号で旅をするマラマ・ホヌアというコンセプトの作品や、戦いの前にサモア戦士たちが踊ったニフォ・オティ(通称「死の牙」)と呼ばれる武器を使ったナイフダンスをモチーフに「ファイヤーダンサーズ」という砂彫刻を制作しました。

シェラトン・ワイキキのケリー・サンダース総支配人は、「ホリデーシーズンにワイキキに滞在できるという事は多くの人にとっては夢のようであり、この砂彫刻は1年で特に楽しいイベントやお祝い事がある時期を更に楽しいものにします」と語ります。

ハワイのホテルで砂彫刻を見ることができるのはシェラトン・ワイキキだけです。ホリデー仕様の砂彫刻は2017年上旬まで設置される予定です。年末にハワイに滞在される旅行者の方、ホリデーシーズンを盛り上げる素敵なアートをぜひ見学してみてくださいね。砂彫刻を作る過程を記録したYouTube動画は下記をご覧ください。

 

 

シェラトン・ワイキキのご予約や宿泊プランの詳細はこちらのページをご覧ください。お得な宿泊プランが各種そろっています。

◎シェラトン・ワイキキ
住所:2255 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815 
電話:(808)922-4422
ウェブサイト(日本語):jp.sheraton-waikiki.com
料金&予約(日本語):http://jp.sheraton-waikiki.com/rr_packages.htm
フェイスブック日本語公式ページ:https://www.facebook.com/SheratonWaikikiJP

この記事が属するカテゴリー: オアフ島のホテル, ニュース, ホテル


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。