ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

アキラメン

世界最高齢のアホウドリ「ウィズダム」がハワイに帰巣

投稿者: アキラメン 更新日:2016年12月15日

The Albatross, "Wisdom", Came Back to Hawaii to Lay an Egg

■推定年齢約66才のアホウドリ

kokohead

世界最高齢とみられるアホウドリの「ウィズダム」がミッドウェー環礁国立自然保護区に帰巣しました。

■関連記事/オバマ大統領が海洋保護区パパハナウモクアケアの面積を拡大!
■関連記事/美しい自然を大満喫! ハワイのおすすめハイキング6コース

推定年齢66才のアホウドリ、ウィズダムは、同保護区で産卵し、パートナーのアケアカマイとともに卵を孵化させています。専門家たちによれば、卵は2017年2月に孵化する予定です。これまでに47個の卵を産み続けてきたウィズダムは、昨年も孵化に成功し、生まれた雛にはハワイ語で「使者」を意味するクキニという名前がつけられました。

アホウドリは絶滅危惧種に指定されていますが、66才になっても繁殖活動を続けるウィズダムには非常に驚かされますね。無事に新しい命が生まれることを願いましょう。

(The Canberra Timesより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: アホウドリ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ