ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

三澤在ホノルル日本国総領事がハワイの相撲少年たちにエール

投稿者: Eriko 更新日:2017年01月19日

Consulate-General of Japan in Honolulu Celebrates Young Sumo Wrestlers Participating in "Hakuho-Hai"

■アメリカ代表の国際親善大使としてがんばってください!

sumo2

在ホノルル日本国総領事館の前でチームの少年たちと家族

ハワイ時間1月17日(火)、在ホノルル日本国総領事館で、1月29日(日)に東京の両国国技館で開催される第七回白鵬杯に出場する少年たちとコーチ、その家族らを招いての壮行会が催されました。

■関連記事/白鵬杯に向けハワイの少年ら猛稽古!
■関連記事/相撲好きDNA

sumo7

三澤在ホノルル日本総領事総領事

壮行会の席で、三澤在ホノルル日本総領事総領事が、白鵬杯出場の日本で文化体験、スポーツ、日本での滞在を十分楽しんでほしいと述べ、「君たちは文化交流の親善大使です。白鵬杯ではハワイ州だけではなくアメリカチーム代表として、がんばってください」と参加選手たちに力強いエールを送りました。

sumo6

今回のツアーに同行するコーチのケナさんが選手たちを紹介。年齢が若い順に左から、キリアン君(9)、ジオン君(10)、ブレイドン君(12)、カナ二君(12)、アケム君(12)、アレマ君(14)です。

sumo5

コーチのケナ・へファーナンさん

少年たちは今月24日にハワイを出発し、27日にはハワイ出身の元横綱の曙太郎とトレーニング、28日には白鵬の所属する宮城野部屋を訪れちゃんこ鍋を食べたり交流をして、相撲の稽古や日本の文化を体験するのが目的だそうです。

sumo4

ハワイ出身の力士武蔵丸、曙、小錦の手形サインの前で子どもたち

壮行会の席で少年たちが客席からの質問に答えてくれましたのでご紹介します。

Q:心配していることは?
A:寒いことです。

Q:相撲をしていて良かったと思うことは?
A:日本へいけること。忍耐力を学べること。

Q:今回日本から持って帰りたいものは?
A:厳しい訓練の成果です。

Q:楽しみにしていることは?
A:トーナメントで勝つこと。
A:おじいちゃん(コーチの1人)と一緒に日本へ行けること。
A:東京でトーナメントに出れること。

Q:勝つ自信はありますか?
A:はい。

Q:あなたにとって自信とはどういう意味でしょうか?
A:他の力士から学ぶことです。

Q:コニシキにコーチをしてもらっていかがでしたか?
A:偉大な関取にコーチをしてもらって嬉しかったです。

Q:新聞やニュースで大々的に紹介されたことについてお友達はなんといっていましたか?
A:相撲を教えて欲しいと言われました。

Q:横綱白鵬に会えるのはどうですか?
A:日本一のチャンピオンに会えるので嬉しいです。

Q:まわしをつけることはどう思いますか?
A:快適だとは思わないけど裸よりいいかな(笑)?

子どもたちの真剣&お茶目な回答に来賓席も和やかな雰囲気でした。

sumo3

地元新聞ホノルルスターアドバタイザーのトップ記事にも掲載

第七回白鵬杯は、日本全国の相撲選手と世界中の代表選手約1000名による史上最大の青少年相撲大会です。入場料は無料で誰でも観戦できますのでぜひ足を運んでみてください。ハワイの少年力士たちがんばってくださいね。詳細は下記をご覧ください。

◎第七回白鵬杯-国際親善交流少年相撲大会-
日時: 2017年1月29日(日)
場所: 両国国技館
入場料: 無料
公式ウエブサイト: hakuho-cup.com/

この記事が属するカテゴリー: スポーツ・セレブ, 特集
関連キーワード: 白鵬杯,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*