ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

アキラメン

日本版ホクレア号!? いざハワイへ、瀬戸内「打瀬船」プロジェクト

投稿者: アキラメン 更新日:2017年01月21日

Utasebune Project Launched in Japan

■豊かな自然環境と海洋文化の再生がテーマ

fish

2017年1月19日、瀬戸内伝統航海協会が、ハワイの伝統航海船ホクレア号をモデルにした「打瀬船建造航海プロジェクト」をスタートさせました。

■関連記事/ホクレア号が2017年6月マジックアイランド帰港
■関連記事/【話題】ホクレア号、いよいよ世界一周航海へ

「打瀬船」は江戸時代末期から昭和初期まで瀬戸内海で活躍し、多くの人たちから愛された伝統航海漁船です。打瀬船建造には、約2年かかり、2020年の完成を目指して、寄付金募集がウェブサイトで行われています。

瀬戸内伝統航海協会代表を務める原康司さんは、2007年5月にハワイから地元山口にやってきた伝統航海船ホクレア号を港で出迎えた経験があり、「さあ次は君たちの番だ」というメッセージをホクレア号から受け取ったといいます。

いのちを育む海を次世代に残す「瀬戸内海ルネサンス」をゴールに掲げた、瀬戸内伝統航海協会のプロジェクトに協力したい方は、こちらの公式ページから寄付をすることができますよ。目標金額5,000万円が集まるように応援しましょう!

(みんなの経済新聞ネットワーク)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ