ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイアン航空A321neo型機の新客室デザインが明らかに!

投稿者: Eriko 更新日:2017年04月06日

Hawaiian Airlines Reveals A321Neo Cabin Interiors

■ハワイのストーリーを盛り込んだデザイン

2017年4月3日、ハワイアン航空は、米国西部路線にて導入が予定されているA321neo型機の客室デザインを明らかにしました。ハワイアン航空は、2017年の第4四半期(10月~12月)から2020年にかけ、18機のA321neo型機を受領する予定です。

今回のデザインを担当したのは、ハワイアン航空とJPA Design社との共同デザイン。客室のいたるところにハワイにまつわるストーリーを表現したモチーフが取り入れられており、使用されている素材は、伝統的なハワイの工芸品への敬意を表しているとのこと。

またLED搭載の照明システムがハワイの朝焼けと夕焼けを再現するなど、ハワイアン航空らしさがあふれる内装とサービスは、搭乗した瞬間から豊かな自然と「ハワイ時間」を感じることが出来そうです。

■関連記事/3月16日よりハワイアン航空が関空-ホノルル線でフルフラットシート導入!
■関連記事/ハワイアン航空、ついに羽田-ハワイ島コナ便を就航!

【A321neo型機について】
‐ 運航開始時期:2017年第4四半期(10月~12月)以降
‐ 路線:米国西部路線
‐ 客室クラス:プレミアムキャビン、エクストラ・コンフォート、エコノミークラス
‐ 座席数:合計189席
プレミアムキャビン/16席、エクストラ・コンフォート/45席、エコノミークラス/128席
‐ シート:全クラスB/E Aerospace社製

【機内エンターテイメントサービス】
A321neo型機は、ハワイアン航空初のワイヤレス・ストリーミングによる機内エンターテイメントサービスが提供されます。
搭乗前に専用アプリを各自のデバイスにダウンロードすると、ハワイアン航空のオリジナルチャンネル「Hawaiian Skies」にて無料の映画、TVプログラム、ハワイに関する情報をはじめとする、幅広いコンテンツが楽しめます。携帯端末およびタブレットは、プレミアムキャビンの全座席およびエクストラ・コンフォート最前列席のトレーテーブルに固定できるほか、他の座席においても、前の座席の背もたれに固定することも可能です。

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: ハワイアン航空,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ