ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

音楽月間「メレ・メイ」の幕開けとともに、ナ・ホク賞最終候補者発表

投稿者: Akiko 更新日:2017年04月21日

Mele Mei Kicked Off & Na Hoku Hanohano Nominees 2017

■ハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」は5月20日(土)

_MG_6962

5月はハワイの音楽月間「Mele Mei(メレ・メイ)」。日本語で「5月、ハワイアン・ミュージックの月」という意味で、ハワイの音楽を世界の届けるため、州内各地でハワイアン音楽やフラなどにまつわるイベントが行われます。そのクライマックスというべきものが、5月20日(土)に行われる「ナ・ホク・ハノハノ・アワード(以下ナ・ホク賞)授賞式」です。今年で40回目を迎えるナ・ホク賞は、ハワイのグラミー賞とも称される、ハワイで最も権威のある音楽賞で、ハワイはもちろん世界中の音楽ファンが注目するイベント。その最終候補者が発表されました。

■関連記事/【カルチャー】ハワイの音楽月間、メレ・メイがいよいよスタート!
■関連記事/【カルチャー】アウトリガー主催、「メレ・メイ・イン・LA」大成功
■関連記事/【カルチャー】5月はハワイアン音楽月間、メレ・メイが幕を開けました!

主要カテゴリーの最終候補は以下のとおりです(アーティスト名と曲名)。なお、使用フォントの都合上、ハワイ語表記が一部正しくできない部分がありますが、ご了承ください。

●最優秀女性ボーカリスト賞
Amy Hānaiali’i/エイミー・ハナイアリイ, Remembering Napua
Ra’iātea Helm/ライアテア・ヘルム, He Leo Huali, “A Pure Voice”
Maggie Herron/マギー・ヘロン, Between The Music & The Moon
Mailani/マイラニ, Alo I Ke Alo
Yoza/ヨザ, Prologue

●最優秀男性ボーカリスト賞
Kawika Kahiapo/カヴィカ・カヒアポ, Uke Can Call Me Cousin
Cyril Pahinui/シリル・パヒヌイ, Hi’ilawe
Kalani Pe`a/カラニ・ペア, E Walea
Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィ, Pua Kiele
Hōkū Zuttrmeister/ホク・ズッターマイスター, Ku`u Pua Sakura

●最優秀グループ賞
Keauhou/ケアウホウ, Keauhou
Komakakino/コマカキノ, E Nipo Mai
Ron Kualaau & Zanuck Lindsey/ロン・クアラアウ&ザヌック・リンゼイ, Koko
Kūpaoa/クパオア, Ho’okele
A Touch of Gold/ア・タッチ・オブ・ゴールド, Whenever You Come Around

●最優秀新人賞
Aja Gample/エジャ・ギャンプル, Hua’i
Izik/アイジック, Obsidian
The Kaimana Band/ザ・カイマナ・バンド, The Moment
Keauhou/ケアウホウ, Keauhou
Kolomona Ku/コロモナ・ク, Fountain After The Drought
Kalani Pe’a/カラニ・ペア, E Walea

●お気に入りのエンターテイナー賞
Amy Hānaiali’i/エイミー・ハナイアリイ
Ra’iātea Helm/ライアテア・ヘルム
Ledward Kaapana/レッドワード・カアパナ
Kawika Kahiapo/カヴィカ・カヒアポ
Keauhou/ケアウホウ
Kūpaoa/クパオア
Cyril Pahinui/シリル・パヒヌイ
Kalani Pe’a/カラニ・ペア
Jeff Peterson/ジェフ・ピーターソン
Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィ
Hōkū Zuttrmeister/ホク・ズッターマイスター

●最優秀アルバム賞
E Walea, Kalani Pe’a/カラニ・ペア
He Leo Huali, “A Pure Voice”, Ra’iātea Helm/ライアテア・ヘルム
Hi’ilawe, Cyril Pahinui/シリル・パヒヌイ
Keauhou, Keauhou/ケアウホウ
Ku’u Pua Sakura, Hōkū Zuttrmeister/ホク・ズッターマイスター

●最優秀楽曲賞
Hanohano Ha’ikū, Keauhou/ケアウホウ
He Lei Aloha (No Hilo), Kalani Pe’a/カラニ・ペア
Ku’u Pua Sakura, Hōkū Zuttrmeister/ホク・ズッターマイスター
Lei Hala, Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィ
Moloka’i on My Mind, Blayne Asing/ブレイン・アシング

●最優秀インストルメンタル・アルバム賞
Eternity: Queen Lili’uokalani Songs – Piano Collection, Chiyo Flynn/チヨ・フリン
Loli’ana, John Keawe/ジョン・ケアヴェ
Nashville Sessions, Jake Shimabukuro/ジェイク・シマブクロ
Songs for the North Shore, Ian O’Sullivan/イアン・オサリヴァン
Wahi Pana, Songs of Place, Jeff Peterson/ジェフ・ピーターソン

●インターナショナル・アルバム審査員特別賞
Ka Lei Nani I Ka Pua Nani, Kaulana Toyo/カウラナ・トヨ
My Favorite Things, Ukulele Swing Trio/ウクレレ・スイング・トリオ
Slow Music, Iwao’s Hawaiian Collection 1 – Slack Key Guitar & Ukulele, Iwao Yamaguchi/山口岩男
Takao Life Sketch, Star Wish Ukulele Band/スター・ウィッシュ・ウクレレ・バンド
Twilight Carnival, Kyas/キャス

今年40回目を迎えるナ・ホク賞、今から待ち遠しいですね。

さて、4月19日(水)、メレ・メイのキック・オフ(開幕)イベントがヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルにて開催され、ハワイの有名ミュージシャンたちが素晴らしい歌声を披露しました。

最初に登場したのは、新人賞と最優秀コンテンポラリー・アルバム賞候補のIzik(アイジック)。深みのある歌声は、時にジャズっぽい響きもあり、コンテンポラリーなハワイアン・ミュージックという感じ。編集部はすっかり彼のファンになってしまいました。

続いて登場したのは、日本でも大人気を博したベテラングループ、Hawaiian Style Band(ハワイアン・スタイルバンド)。シスター・ロビのスイートな歌声は健在で「Love&Honesty(ラブ&オネスティ)」など、名曲を次々と披露し、開場は大いに盛り上がりました。

トリは、大ベテランのBrother Noland & The Pacific Bad Boys(ブラザー・ノーランド&ザ・パシフィック・バッドボーイズ)が、盛り上げに盛り上げ、大盛会のうちに幕を閉じました。

伝統的なハワイの文化を讃え、世界からも注目を浴びている音楽月間、メレ・メイ。5月はハワイ好きのみなさんにはたまらない音楽イベントが盛りだくさんですよ! メレ・メイの各イベント詳細やスケジュール確認は、下記の公式サイトをご覧ください。

公式ホームページ(日本語):www.melemei.com

この記事が属するカテゴリー: ウクレレ, カルチャー, ニュース, ハワイアン音楽


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*