ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

ハワイは、多民族、多文化的背景を持つ子どもの割合が全米一

投稿者: Akiko 更新日:2017年06月09日

Hawaii has highest percentage of multiracial, multiethnic infants

■全体の44%

ワシントンDCを本拠地とするシンクタンク、ピュー研究所の発表によると、ハワイでは複数の人種、民族的背景を持つ新生児の割合が、全米で一番高いことがわかりました。

■関連記事/【話題】ハワイのピジン英語が正式言語に認められる

2010年~15年の期間に生まれた新生児のうち、ハワイでは44%が複数の人種、民族的背景を持っていました。これは全米平均の14%から見ると、とても高い数字ということがわかります。この14%という数字ですら、1980年から見ると3倍に増えているそうですよ。

ハワイに続いて高いのがオクラホマ州とアラスカ州の28%。一番低かったのは、ノースダコタ、メイン、ミシシッピ、ウェストバージニアの各州で、それぞれ6%でした。

複数の人種、民族的背景を持つ新生児のなかで、両親が同じ家に住んでいる子どもたちのうち、一番割合が高かったのは一人がヒスパニック、もう一人が白人の子どもで、その割合は42%。両親一人が白人、もう一人がアジア系の子どもで、両親が同じ家に住んでいる子どもの割合は14%と低いことがわかりました。

(Hawaii News Now より)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ