ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

本日はスパム80才の誕生日!ハワイの年間消費量は700万缶

投稿者: Eriko 更新日:2017年07月06日

Happy birthday, Spam! Hawaii's beloved canned meat turns 80

■ハッピーバースデー・スパム!

スパム、スパムむすび

スパムむすびと言えばハワイの代表的なフードでお祭りまであるほど、ハワイとは縁の深~い缶詰ランチョンミート、スパムが今日で80才のお誕生日を迎えます。

スパムの誕生をさかのぼると、アメリカの世界恐慌の時代。現在ではアメリカの家庭にはなくてはならない食料となり、ハワイではなんと年間700万缶のスパムが消費されるというから驚きですね。

スパムは1937年7月5日、ホーメル食品から販売されたランチョンミートです。当時はアメリカで初めて冷蔵庫に保存しなくてもよい缶詰食品として注目され、世界恐慌や戦時中に大活躍しました。

スパムという名前は一般募集の中から、Ken Daigneauさんという人物が「Spiced Ham(スパイスの効いたハム)」をもじって「Spam(スパム)」と名づけたのが採用されました。

スパムの公式ウェブサイトによると、スパムがハワイに一番最初に紹介されたのは第2次世界大戦中で、ホーメル社が1億パウンド以上のスパムを兵士に配給した際。以来、スパムはローカルの人々にとってなくてはならない食品となり、ハワイではマクドナルドやジッピーズ(ハワイのファミレス)のメニューにもあるほどです。

現在は、13缶のスパムが世界44カ国で毎秒食べられているそうですよ。

ところでスパムむすびを発明した人は誰だかご存知ですか? この話題に関してはこちらの記事をご覧ください。

Happy Birthday スパム!!

■関連記事/人気連載「ワイキッキのハワイでクッキング」第02回 スパムむすび – B級グルメ 動画でクッキング
■関連記事/人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド第03回 ハワイで一番有名なあの食べ物 」 

(Hawaii News Nowより)

 

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, アメリカンフード・その他, エンターテインメント・ショー, ニュース
関連キーワード: スパム, スパムむすび,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ