ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

マーシャル諸島に1万冊の本を寄付

投稿者: キョーコ 更新日:2017年07月25日

Volunteers pack 10,000 books to donate to Micronesia to increase literacy

■「教育に役立てて」とハワイ図書館友の会

キョーコのブログより

 

ホノルルの夏の恒例行事、マッキンレー高校のブックセール(古本市)が、今年も大盛況のうちに7月23日に終了しました。

■関連記事/本好きにはたまらない、スワップブック

残った本から今年は約1万冊を、本が不足しているマーシャル諸島に寄付することになり、100人ちかいボランティアが箱詰め作業に目下勤しんでいるということです。

ハワイ図書館友の会のナイノア・マウ代表によりますと、マーシャル諸島は財政難で図書購入が難しく、図書館の建設もままならない状況だといいます。1万冊の本が、教育、研究に広く役立てられ、識字率の向上や図書館建設の助けとなればと、マウ代表は話しています。

生活用品や医薬品などの物資支援を通じて、マイクロネシア諸島の人々の暮らしの向上に努めている非営利団体「リーチアウト・パシフィック」によって、1万冊の本は現地の人々のもとに届けられることになっています。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ