ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

花火関連の通報160件以上

投稿者: キョーコ 更新日:2018年01月03日

Officials say Honolulu ‘dodged a bullet’ as illegal fireworks light up the sky

今年も違法花火による事故が各地で発生

ハワイの大晦日の風物詩、違法花火で事故や火事も

花火や爆竹で賑やかに新年を迎えるハワイ。それにともない花火関連の事故が州内各地で毎年発生しています。そのほとんどが違法花火によるものですが、昨年の大晦日から元日にかけてもやけどや火災などの事故が発生。ハワイ島とオアフ島では違法花火の事故で2人が指を切断する重傷を負いました。

ホノルル救急医療サービスの報告によりますと、12月31日午後6時から1月1日午前6時の間に、花火関連の911通報が160件以上に上り、そのうち8件が重傷と報告されています。指を切断する事故のほか、着火後に走って逃げる際に転倒し、頭部に重傷を負う事故も発生しています。

ホノルル消防署の発表ではハワイカイ地区で花火が原因とみられる薮火事が発生、2エーカーが焼失しました。ケガ人や建物への被害は報告されていません。マウイ島のカフルイ地区でも2カ所で小規模な薮火事が起きています。またカネオヘ地区で31日夜、違法花火を荷台に載せたレンタルヴァンが発見され、警察はヴァンを押収、違法花火の販売業者とみられる男2人から事情を聴いています。

さらに毎年、花火の音に驚いて逃げ出すペットが続出。ハワイアン動物愛護協会にはペットが逃げたという通報が59件寄せられました。同協会では迷子のペットや野良犬、野良猫など計49匹を保護しています。

(KHON2 News/ Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ