ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ関連の切手2種類発売へ

投稿者: キョーコ 更新日:2018年01月11日

2 stamps launching in 2018 relate to islands

戌年とカネオヘ平等院建立50周年を記念して

画像提供 米国郵政公社

 

米国郵政公社からこのほどハワイ関連の切手2種が販売されることになりました。

1月11日(木)から発売されるのは、ハワイの著名グラフィックデザイナーの故クラレンス・リー氏が手がけた犬の切り絵に、ラウ・バン氏の草書体の文字を組み合わせ、アートディレクターのエセル・ケスラー氏と香港生まれで現在ニューヨーク・ブルックリンを活動拠点とするイラストレーターのカム・マック氏が戌年を記念してデザインした切手。

もう1種はオアフ島カネオヘにあるバレー・オブ・ザ・テンプル(平等院)が描かれた切手で、今年建立50周年を記念して1月21日(日)に発行、全米で翌22日(月)から発売される予定となっています。

戌年を記念した切手の記念式典が1月11日(木)午前11時から、ホノルルのチャイナタウン・カルチュラルプラザで、また平等院の切手の記念式典が1月23日(火)午後2時から、カネオヘの平等院でそれぞれ催されます。当日購入した切手シートには特別記念消印を押してもらえるということです。

■関連記事/ハワイの平等院!!
■関連記事/人気連載「えりこのカレッジ・マム奮闘記・イン・ハワイ」第13回 ハワイの平等院に行ってきました(前編)!

オアフ島カネオヘにある平等院

写真はアンティアヤのブログより

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ