ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko
人気連載「ハワイで直撃インタビュー」

第74回 リー・アン・ウォンさん

投稿者: Eriko 更新日:2014年10月03日

Interview : Chef at HFWF Vol.1 Lee Anne Wong

オーラあふれる素敵な人々をじっくりインタビューするこのコーナー。今回は今年9月に開催されたハワイ・フード&ワイン・フェスティバルのイベント会場に来ていた3人の人気シェフにインタビューしました。まず第一番目は、ニューヨーク出身でカイムキで行列ができるハワイアンスタイルのブランチのお店のオーナーシェフ、リーアン・ウォンさん。ハワイとニューヨークの食文化の違いや、日本食についてなども掘り下げて聞きました♪

ハワイで直撃インタビュー 第73回 リー・アン・ウォンさん

 

アラン・ウォンズなどハワイならではの料理、ハワイ・リージョナル・キュイジーヌの第一人者、アラン・ウォンの初めての料理

編集部:リー・アンさんの新しいレストランについて教えてください。

リー・アン・ウォン・シェフ(以下シェフ): 私のお店、ココヘッドカフェでは、主にブランチをサーブしています。アイランドスタイルブランチアウトを毎日、午前7時~午後2時半まで行っています。メニューは新しく創り出したブランチ。エッグベネディクトの替わりにエッグカルアだったり、ハワイとアジアが融合した新しいタイプの朝食メニューなのよ。

編集部: リー・アンさんはニューヨーク出身だそうですが、ニューヨークとハワイの食文化の違い、または類似点は? 

シェフ: かなり違うわね。すごく似ている部分もあるけど。ハワイはやっぱり島だから情報的にも(本土から)孤立しているわけだし、食材の種類や季節物なども限られるしね。でも逆に言えば、ハワイにはたくさん素晴らしい食材があるわけよね。ハワイならではの地元産の食材は本土では手に入らない。例えば、新鮮な椰子の木の芯や、オパやムーンフィッシュなどの魚(別名マンダイ)よね。

私もこの魚市場(ピア38)にはたびたび来ているわ。私のレストランではローカル産のシーフードしか使用しないの。だから私たちのメニューにはスモーク・サーモンはなくてその代わりローカル産のベルフィッシュ(ナイラギ)のような魚を自分でスモークするのよ。お店ではできるだけ本土の物でなくてローカル産の食材を使うようにしているの。ハワイで使われている85%の食材が本土からの輸入品だと言われているでしょ? だから私たちシェフやファーマーがハワイの農業や漁業をサポートしていく事がとても大切だと思うの。それがハワイ・フード&ワイン・フェスティバルの主旨でもあるのよ。

編集部リー・アンさんはハワイのローカルフードで何が好きですか? 

シェフ: 美味しいハワイアン・フード大~好きよ。クラシックなハワイアン・デッシュも全部好き。例えばポイ、私が使っているMana Aiのpoi(ポイ)やpaiai(パイアイ)は100%オーガニックで手作りよ。

ロミロミ・サーモン、ラウラウ、ロミ・オイオ(代表的なハワイアンフード)、ほんとにローカル料理は美味しいわね。そして何よりもアジアの食、特に日本食が充実しているのが最高ね。ハワイには美味しい日本食がたくさんあるからニューヨークからハワイに来ることに関しては全く問題なかったの(笑)。日本食は一生食べて生きていけるくらい好き!

編集部: 日本に行かれたことはあるんですか? 

シェフ: ここ6年間、毎年行ってたわ。金沢、京都、大阪の堺市などで料理もした。日本の調理場で大奮闘したの(笑)。

編集部: リー・アンさんの料理は和食の影響もありますか? 

シェフ: あるわよ! 和食を学びたくって懐石料理のお店や寿司屋で働いたこともあるの。すっごく楽しかった。日本が大好きなの。ダイスキ(日本語で)!!

ハワイの人気レストラン、アラン・ウォンズのシェフにインタビュー

編集部: ハワイ・フード&ワイン・フェスティバルについてどう思われますか? 

シェフ: 素晴らしいイベントよね。私はアメリカ本土で長年料理してるからイベントにもたくさん参加してきたわけだけど、今はハワイを自分の家と呼べることがとても誇らしいの。理由は、土地の食べ物もだけど人々がすごく素晴らしいからよ! 本土から訪ねてきてくれるシェフの友だちを私のレストランにまねいて、アロハスピリットでおもてなしできるのも最高。思いっきり楽しんで笑うの。

編集部: ハワイの料理界についてどう思われますか? 

シェフ: 素晴らしいと思うわ。ハワイの料理界は少しずつ変わってきている段階にあるんじゃないかしらね。たくさんの新しいアイディアがあってすごくエキサイティング。今ハワイは本土にキャッチアップしていると思うの。ハワイは本土より数年遅れているって言われるけれど、今ハワイはハワイアンやパシフィック料理の独自のアイディアや料理法を見直しているんじゃないかしら。こんなエキサイティングな時にハワイにいられて光栄です。

編集部: 最後に、リー・アンさんはハワイにずっといらっしゃる予定ですか? 

シェフ ずっといたいわね。ニューヨークは自分の故郷だから帰るけどいずれはこちらに定住することになるでしょうね。

編集部: どうもありがとうございました! 

シェフ: アリガトウゴザイマス!(笑)

 

●リー・アン・ウォン ・プロフィール
ニューヨークで生まれ育ちファッションデザイナーを目指していたが料理が楽しくなり進路を変更。ニューヨークにて、世界でも有名なシェフたちと経験をつみニューヨーク・フュージョン料理を極める。アメリカの料理ネットワークBRAVOチャンネルなどでも人気のセレブシェフ。2013年に生まれ育ったニューヨークを離れハワイに移住。オアフ島のカイムキにオープンした「ココヘッドカフェ」はハワイアンスタイルの朝食をサーブしてロコの行列が絶えない人気のレストラン。

ココヘッド・カフェ
場所:1145c 12th Ave, Honolulu, HI 96816 
電話:(808)808.732.8920
ウェブ(英語):kokoheadcafe.com
営業:月ー日: 7am-2:30pm 一日中ブランチ、予約なしのウォークインのみ。
※ローカルに大変人気なこのお店は週末は行列ができること間違いなし。1時間待ちは普通なので朝早めに行くことおすすめします。

(2014年10月更新)

 

この記事が属するカテゴリー: 特集, 芸能・有名人特別取材


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ハワイで直撃インタビュー」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ