ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko
人気連載「ハワイと日本、人々の歴史」

第5回 ハワイの空の下、夫婦で造り上げた珠玉の芋焼酎「波花」

投稿者: Akiko 更新日:2013年11月07日

Hawaii-Japan: People's History vol.5 - Namihana: Hawaii's Shochu

第5回 ハワイの空の下、夫婦で造り上げた珠玉の芋焼酎「波花」

ハワイ産焼酎「波花」を造り上げた、平田憲さん、由味子さん

アロハ、Myハワイ編集長明子です。「ハワイと日本、人々の歴史」シリーズでは、観光地としてのハワイから一歩踏み込み、ハワイと日本をつなぐ人々に焦点をあて、その歴史を掘り下げて紹介しています。今回は、今新たに歴史のページを開いたばかりの日本人夫婦をご紹介しましょう。「ハワイの空の下、美味しい焼酎が造りたい!」その一心で、苦節9年の末、ハワイで初めてのハワイ産芋焼酎「波花(なみはな)」を造り上げた、平田憲さんと由味子さんご夫妻を訪ね、ノースショア(オアフ島北海岸)のハレイワにやってきました。

平田憲さんと由味子さん

平田夫妻の焼酎について初めて知ったのは、ハワイ出雲大社でのことでした。3年ほど前、出雲大社でのお正月のお手伝いをしているときにご夫妻に知り合い、焼酎造りのお話を聞きました。そのときはまだ焼酎造りの予定は未知数の状態でしたが、数ヶ月前に出雲大社から、「ついに平田さんの芋焼酎が完成した」との知らせを受け、さっそく蔵をたずねることに。

世界中からの観光客でにぎわう、オアフ島ハレイワの町ですが、中心部をはずれるとそこにはのどかな、昔ながらのハワイが広がっています。ハレイワ小学校のすぐ近くに、平田夫妻が営む、「Hawaiian Shochu Company(ハワイアン焼酎カンパニー)」の蔵はひっそりと佇んでいます。建物に近づいていくと、飼い犬IMO(イモ)が尻尾を振りながら出迎えてくれました。

苦節の末、ハワイ産焼酎「波花」を完成させた平田夫妻

まずは内部を案内してもらいます。半分地面に埋まるように、ずらりと並べられた甕と大きな木の樽にびっくり。なんと日本で150年前に作られたものだそうです。ここでは、鹿児島に伝わる黒瀬杜氏(くろせとうじ)の伝統手作り技法に則った、焼酎作りが行われています。

平田憲さんが焼酎造りを志したのは9年前のこと。ハワイに住んでいた両親を度々訪ねていた平田さん、ある日ポイ(タロイモを突き混ぜ発酵させたハワイアンの主食)を食べて、「ポイも発酵食品だから美味しい焼酎が作れるのではないか?」と、思い立ったそうです。その後リサーチを重ね、ハワイには良いサツマイモがたくさんあるので、タロよりもサツマイモを使うことにしました。37才のときに仕事をやめ、鹿児島の「万膳酒造」に弟子入り。3年間の修行中に米の蒸し方から手もみによる麹造り、もろみの熟成、木樽蒸留器での蒸留をみっちり学びました。その後、師匠も毎年ハワイを訪ね、2人を応援。努力の結晶「波花」は、師匠から「美味しい。これなら売ってよし!」とのお墨付きをもらったそうです。

波花の主原料はハワイ産のオキナワン・スイートポテト(紫イモ)。年間を通じて爽やかで、サツマイモの最盛期である鹿児島の秋のような気候のハワイは、芋焼酎造りに最適の場所なんだそうです。火山の影響受けた土壌は良質のサツマイモを育み、さらに素晴らしい水質の水とあいまって、ハワイでしかできない、ハワイならではの焼酎「波花」が生まれたのです。波花という名前は、まずハワイのローカルの人々から日本語の名前をつけて欲しいといわれたこと、ノースショアのシンボルの波、ハワイのシンボル花を合わせて付けられました。

波花ができるまでに、一番苦労したことは蔵を建て仕事を軌道にのせることだったそうです。免許やビザ取得などのペーパーワークが大変で、時間も資金も当初計画していた倍ほどかかりました。また、ハワイは全てにおいてのんびりペースで、蔵にはまだ電気がきていません。仕込みの時だけジェネレーターを借りて、普段は電気のない生活だそうです。以前はトレーラー住まいで、ビーチにシャワーを浴びに行くこともあったとか。

それでも、嬉しいこともたくさんありました。食べ物や飲み物をもってきてくれたり、ブルドーザーを貸してくれたりと、地元の人々による損得勘定のないサポートは、本当に心強かったそうです。ハワイの地で、地元の人々にしっかり受け入れられた、平田夫妻の芋焼酎。口に含むと、フワッと上品な甘みが広がり、すっきりしたのど越しとともに爽やかな余韻が感じられます。現在波花の小売はハレイワの蔵のみで行われていますが、ホノルル市内のレストラン(和田、ジャペンゴ、ロイズ、アラン・ウォンズ、とっくり亭など)でも楽しむことができます。ハレイワの蔵で購入する場合は、事前にハワイアン焼酎カンパニーまでメールで連絡するようにしてください。

●ハワイアン焼酎カンパニー
Eメール:Kaloimo@gmail.com

(2013年11月更新)

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識, 歴史・社会・自然, 特集
関連キーワード: 夫婦, 波花, 珠玉, , 芋焼酎,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

4 responses to 第5回 ハワイの空の下、夫婦で造り上げた珠玉の芋焼酎「波花」

  1. 日本のTV番組で紹介されていて初めて知りました。2014年9月6日にハワイ島で結婚式を挙げる娘の結婚式に参列するため、3年ぶりにオアフ島へ行く予定です。息子も同行しますが、何事にもあまり関心を示さない男が珍しく此処へは行って見たいと言っておりました。9月8日(ハワイ時間)に見学させていただけますでしょうか?その際に事前の予約は要りますか?ご教授いただけると幸いです。

  2. 私も普段は焼酎派ではないんですがこれは美味しいと思いました! 今度日本へ里帰りするときは焼酎好きのおじさんに買っていってあげようと思います。

  3. Organicの欧風家庭料理のレストランとフード&バーを自営しています。 お酒の種類が多く(ワイン約1800種余・焼酎&泡盛約300種余・洋酒約500種余等々)、焼酎のメインになる物を探していました。 個人輸入が可能なら是非飲んでみて、珍しい芋焼酎と言うことで取り扱ってみたいなぁ~と想いますが・・・。

  4. あまり焼酎に詳しくない私ですが、口に含むとやわらかく上品な甘みが感じられ、あまりの美味しさにすっかり大ファンになってしまいました。ハワイの美味しいお芋と良い水、爽やかな気候、ご夫婦の焼酎への愛、そしてハワイならではのアロハ・スピリットが、この味を育んだのでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ハワイと日本、人々の歴史」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ