ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Kana

ハワイの子どもたちがプロのサッカー選手たちと交流 (動画あり)

投稿者: Kana 更新日:2018年02月17日

Pacific Rim Cup 2018 Hosted Free Soccer Clinic for KEIKI

2月8日~10日に開催された環太平洋地域のサッカートーナメント「パシフィックリムカップ2018」。日米のサッカーチーム4クラブが、トーナメント方式で試合を行い、J1リーグの北海道コンサドーレ札幌が見事初代チャンピオンに輝きました。プロサッカーリーグがないハワイでの今回の大会、ハワイのサッカーファンにとっては間近でプロサッカーチームの試合を観ることができる絶好の機会でした。さらに、大会開幕前日の2月7日には大会出場選手らによるサッカー教室「ケイキ・サッカー・クリニック」がアロハスタジアムで行われ、約150人の子どもたちがプロ選手らと一緒にプレイするという夢の時間を過ごしました。

 

 

選手と一緒にフィールドを駆け回る子どもたち

大粒の雨の中、受付を済ませた子どもたちが、会場で配られた今大会のタイトルスポンサーである「Under Armour アンダーアーマー」のTシャツを着てフィールドでウォームアップをします。

kids playing soccer at Aloha Stadium

◇関連記事/ハワイで「パシフィックリムカップ2018」開催!(記者会見の動画あり)

クリニック開始の合図で子どもたちがフィールドの真ん中に集まり、まずはパシフィックリムカップ主催、ブルーユナイテッドコーポレーション社長&CEO 中村武彦氏の挨拶。この頃には雨も止み、雲の隙間から青空も見えてきました。続いて登場したメジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバーホワイトキャップスFC、コロンバスクルーSCの選手たちが挨拶。

Blue United founder Takehiko Nakamura Greeting to Children

ブルーユナイテッドコーポレーション社長&CEO 中村武彦氏

Blue United founder Takehiko Nakamura Greeting to Children

バンクーバーホワイトキャップスFCのケイ・カマラ選手(写真中央)とデビッド・ノーマンJr.選手(写真右)

そして、選手たちと地元ボランティアスタッフによるリフティング合戦やリフティング技披露が始まり、子どもたちからは歓声と拍手が巻き起こりました。なかなか間近で見ることのないスゴ技の連発!

Keiki Soccer Clinic at Aloha Stadium

続いて、子どもたちは年齢ごとに分けられて、ボールなしでのフットワークのトレーニング、リフティングの練習、ミニゲームなど、それぞれ用意された練習コースを順番にローテーション。

MLS player playing soccer with Children

バンクーバー・ホワイトキャップスFCのエリック・ハタード選手

北海道コンサドーレ札幌のジェイ・ボスロイド選手もやってきました。フィールドの4分の1を使ったミニゲームでは、子どもたちは選手たちを相手に皆夢中になってボールを追いかけます。

Jay Bothroyd. J1 League Soccer player playing soccer with Children

フィールドには、大会アンバサダーとしてニューヨークから来ていたコメディアン、綾部祐二さんの姿も。子どもたちの真剣な様子に関心していました。

Japanese Comedian Yuji Ayabe Standing on the field with Soccer Ball

◇関連記事/「ハワイで直撃インタビュー」第107回  ニューヨークで修行中の綾部祐二さん

いわきFC(東北社会人サッカーリーグ2部)からは久永翼選手と榎本滉大選手が参加。小さい頃からドリブルが得意だったという久永選手は、ドリブルだけではなく、リフティングでボールを運ぶ神業まで披露。子どもたちは大きな笑顔を浮かべながらもボールを取ろうと必死でした。

Tsubasa Hisanaga, Iwaki FC Soccer Player playing soccer with children

いわきFCの久永翼選手 (写真左から2番目)

クリニック終盤は選手や子どもたちによるフリーキック。観客席から見るよりはるかに大きく見えるゴールを目の前にしてのフリーキックは迫力あり。ボールがゴールに入るたびに歓声が起こります。そして、最後には全員シャカサインで集合写真を撮りました。解散の後も憧れの選手からサインを貰おうと並ぶ子どもたちにどの選手も気さくに対応していました。子どもたちにとっては、あっという間の夢のような2時間だったことでしょう。

Kei Kamara running for free kick

Keiki Soccer Clinic Gathering Photo

Jay Bothroyd, Soccer Player giving Autograph to Children

いつかハワイからもJリーグ選手が!?

クリニック後のいわきFC久永選手に感想を伺うと、「日本も海外も子どもはやはり元気なんだなと感じました」と笑顔で語っていました。

Soccer Players from Japan and America at Aloha Stadium Hawaii

残念ながらクリニックには参加しませんでしたが、直前の記者会見に出席されていた北海道コンサドーレ札幌の稲本潤一選手は今回のクリニックについて、「なかなかプロの選手に教えてもらう機会がないと思うので、(クリニックで)ぜひ刺激をもらって、将来サッカー選手になりたいという子どもが増えて、ハワイからJリーグの選手になるということがあれば嬉しいですね」とお話していたとおり、きっと多くの子どもたちが今回のクリニックで選手たちから刺激をもらったことでしょう。将来、ハワイからJリーグでプレイする選手が出るのでしょうか?楽しみですね。

◎Pacific Rim Cup (パシフィックリムカップ)
公式サイト(日本語):http://pacificrimcup.com/jp/

この記事が属するカテゴリー: スポーツ・セレブ, 子ども向けアクティビティ, 特集
関連キーワード: Jリーグ, MLS, アロハスタジアム, いわきFC, サッカー, パシフィックリムカップ, バンクーバーホワイトキャップスFC, ピース綾部, 北海道コンサドーレ札幌,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*