ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko
人気連載「第28回ハワイモニター旅行当選者2」

静岡県伊藤さん、仲良し家族のばっちりプラン旅!(3日目前半)

投稿者: Akiko 更新日:2017年10月24日

第28回ハワイモニター旅行当選者 静岡県 伊藤さん

静岡県伊藤さん、仲良し家族のばっちりプラン旅!(3日目前半)

ハワイ島最後の朝、午後はホノルルに移動します!

(前回からの続き)

あっという間にハワイ島での最終日の朝を迎えました。今日も快晴です。朝7時に起床しましたが、すでにゴルファーはプレーしています。

朝食は昨夜にバーベキューで食べる予定だった骨つきのトマホークステーキとロブスターテール、チャーハンとマンゴーチャンクとボリュームたっぷり。 ロブスターテールは蒸し焼きにし、適度な塩気に身が詰まっていて濃厚な旨味がたまりません。

朝食後、荷造りが終わり、ビーチハウスへ。マウラナニリゾート内のビーチハウスの側には世界三大パワースポットの1つと言われるフィッシュポンドがあります。周辺は綺麗に管理されており、養殖池にはカラフルな熱帯の魚も見えました。静かで落ち着いた、どこか神秘的な空間にパワーをもらい癒されます。

その後、フロントオフィスへ行き、9時チェックアウト。最後にまた戻ってきてね!と笑顔で言われて、またいつか戻って来たい!!と強く思いました。

その後、マウラナニリゾート内カラフイプアア・ヒストリック・パークにあるオーラの見える洞窟へ。溶岩台地をしばらく歩くと大きなラバ・チューブ、昔の方々が生活していた広い空間です。洞窟内に入るとそれまでの曇り空とはうって変わり、溶岩の隙間から太陽の光が差し込んできました。

神々しい光を浴びることができ、オーラを纏ったように見ることが出来ました。溶岩に包まれた大きな空間で大地のパワーを肌で実感しました。

その後、車でさらに北上し、プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園を訪れました。カメハメハ大王時代の歴史を学び、当時との海岸線の変化に驚きました。目の前に広がる海岸線からはイルカが見え、冬にはクジラも見えるそうです。

途中、フードランドのポケ丼を買ったりしながら、飛行機の出発までは子供達のリクエストで再度クアベイ、イルカが見えるビーチへ。

ビーチを満喫した後はアラモレンタカーを返却し、コナ空港へ

コナ空港では、ランチ用に持っていたトマホークステーキをすっかり忘れていて、骨が手荷物検査で引っかかるトラブル!?もありましたが、なんとか無事にハワイアン航空でイノウエ(ホノルル)空港へ。

ハワイ島を飛び立つ時、2年前はもう来ないかもと思いましたが、今回はハワイ島の魅力にすっかり魅了され、また訪れたいと強く願いました。ハワイ島の壮大な大自然、フレンドリーな人々、マウラナニでの最高のリゾート体験を通して愛着が湧き、名残惜しさを感じたハワイ島の3日間でした。

(3日目後半へ続く)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート, 特集


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*