ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko
人気連載「第28回ハワイモニター旅行当選者2」

静岡県伊藤さん、仲良し家族のばっちりプラン旅!(3日目後半)

投稿者: Akiko 更新日:2017年11月01日

第28回ハワイモニター旅行当選者 静岡県 伊藤さん

静岡県伊藤さん、仲良し家族のばっちりプラン旅!(3日目後半)

いよいよホノルルに上陸、ホテルの気配りに感激

(前回からの続き)

ホノルル空港に到着し、ワイキキへはロバーツハワイのエアポートシャトルで向かいます。スタッフは黄色いアロハシャツを着用しているのですぐに発見できるのがうれしいですね。快適なシャトルバスであっという間にワイキキへ。ハワイ島からのワイキキは大都市感が際立ち、すっかりおのぼりさん気分に。

ホテルは、エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク。受付には日本語でどうぞ、と書かれたプレートがあり、安心してチェックインができます。おいしいウェルカムドリンクをいただきながら、朝食の案内や夕方のマネージャーズレセプションなど詳しく丁寧な説明を受け、翌日のヨガの予約もできました。

カードキーとともに渡されたのは日本語で書かれたホテルの説明やビーチウォークのクーポン。わかりやすいWiFiの接続マニュアルもあり、こういった心遣いがとてもありがたいです。部屋へ行く際にはフロントで渡されるカードキーがないとエレベーターを操作できないだけでなく、許可された階にしか止まりません。賑わっているビーチウォークからのアクセスとセキュリティを両立しています。

部屋は5階にある海側のパーシャルオーシャンビューをご用意いただきました。窓からワイキキの海が見えます。ミニキッチンの横には素敵なブラインドがあり、そこから望めるオーシャンビューがなんともお洒落。角部屋のため、ラナイは海側と街側に二箇所あります。5階でも十分な高さがあり、部屋はとても静かです。エンバシーは全室スイート仕様で、部屋がとても広々しています。 また、ベッドルームとリビング空間が分かれているので、疲れた子供達だけ早めに就寝させる、といった機能的な使い方ができます。リビングにはクイーンサイズのエキストラベッドにもなる大きめのソファがあり、天板をひっくり返せるコーヒーテーブル兼オットマンも。ダイニングセットとデスクワークに適したオフィスチェアまであり、至れり尽くせり。家具にこだわりがあり、とても快適です。さらに ミニキッチンにはちょっとした手洗いができるシンクと電子レンジや冷蔵庫、コーヒーメーカーが設置されています。部屋のコーヒーはハワイでも人気のコーヒーショップ、コーヒービーン&ティーリーフのテイクアウト用のカップや蓋まで用意されていて、コーヒー好きにはとても嬉しいサービスです。

バスタブは浅めで、シャワーは取り外し可能。固定位置は高めですが、ヘッド部分で水流を切り替えることができ、マッサージによるリラックス効果も期待できそう。アメニティはたくさんのタオルが用意され、石鹸、シャンプー、コンディショナー、ボディクリームが揃っています。そして、歯ブラシやカミソリ、綿棒、裁縫道具をフロントで気軽にもらうことができます。日本人には欠かせないスリッパがタンスの中にあり、使い捨てタイプなのに厚みがあるものが用意されているのも嬉しいです。他にも部屋のいたるところにあるスタンドライトにはコンセント口があり、旅先でのスマホやWiFiルーター、デジカメ、ビデオカメラなどの充電に助かります。特に枕元にあるiPhone7も充電できる時計兼プレイヤーまであるのには驚きました。

チェックインしてから24時間以内にフロントに行くとエンバシーのオリジナルエコバッグとライオンコーヒーのドリップバックを1つプレゼントしてもらえました。さらにインスタグラムで#エンバシーワイキキをタグ付けして投稿したら、マカダミアナッツチョコレートを一箱プレゼントしてもらえました。 ハワイ島の素晴らしいマウラナニのリゾートも最高でしたが、エンバシースイーツの都会的で機能的でありながら、とても快適で居心地のいい素敵な部屋に感激しました。

少しゆっくりした後は、お食事券をいただいたハードロックカフェへ出かけます。 ハードロックカフェはカラカウア通りにあります。1階がグッズなどのSHOPで二階がレストランです。17時前なのですぐに入店する事が出来ました。ちょうど訪れた6/11は「まつりインハワイ〜Pan-Pacific Festival」の開催日で、カラカウア通りでは賑やかなパレードをやっていました。オープンエアの二階からパレードの様子を見渡すことができました。

ハードロックカフェ自体は日本にもあるのでこれまでハワイで行ったことはなかったのですが、スタッフはみんな陽気でとても親切に対応してくれます。

テーブル担当のクリスティは親切でとても気がきき、メニューもゆっくり選んでねとか、美味しい?と気さくに声を掛けてくれました。子供が退屈しないように配慮してくれますし、店内も陽気で賑やかなので小さな家族づれにもおすすめです。遅い時間でも雰囲気は変わらずファミリーで利用していたり、ティーンエージャーが多かったりしていたのが印象的でした。

滞在中に再度訪れた際も、テーブル担当のジャックはとても面白く、デザートを頼むときにはキッズメニューに追加するのがお得だよ、と教えてくれ、サービスも上手。息子がパフェを食べていると、とても大きなスプーンを持ってきてこれで食べて、と気軽に冗談も言ってくれ、そんなサービスに息子も大喜びでした。

夜になればバンドの生演奏が始まり、観客も交え大盛況に。スタッフも音楽にノリノリでとても楽しい雰囲気になりました。誕生日のお客さんがいれば、お祝いをステージ前でしていました。日本だとハッピーバースデーを歌うが一斉にハッピーバースデーというだけなのがアメリカ流なのかな? たくさんの種類から選べるカクテルはグラスをお土産に持ち帰ることもできます。彩りが鮮やかなノンアルコールカクテルも五種類ほどあり、とても美味しかったです。

注文した料理はクラシックナチョス、バーベキューリブ、クラシックチーズバーガーとキッズメニューのチキンテンダーにバニラシェイク。どの料理もボリュームたっぷり、とても美味しくてアメリカン料理をお腹いっぱいいただきました。もちろん食べきれないものは気軽に持ち帰ることができます。 会計はいただいたギフトカードで。スタッフへのチップはレシートにお店の相場に合わせた目安の金額が書いてあるのでわかりやすくて良かったです。

ホテルに戻るとちょうど4階のプールサイドでマネージャーズレセプションの時間でした。 プールバーではビールだけでなくハワイアンなカクテルから定番カクテル、ウイスキー、ワインまで様々なお酒が楽しめます。 ソフトドリンクも飲み放題でジュース、ソーダ類に加えて、コーヒーや紅茶など温かいドリンクもあります。

おつまみは夕食にもいただいたナチョス!トルティーヤチップスとナチョスソース、チーズソース、ブロッコリーにナッツもありました。さっきまで満腹でしたがついつい手が出てしまうほど、とても美味しかったです。

夜、子供達がプールで遊んでいる時、娘が仲良くなったお子さんのアメリカ人のお母さんが声をかけてくれました。同じホテルに泊まる旅行者同士で自然な交流ができるのも素敵なリゾートならではの体験でした。

いつまでもプールで楽しんでいる子供達を眺めながら、プールサイドでカクテルを楽しむ。家族全員で至福の時間を過ごしました。

(4日目前半へ続く)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート, 特集


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*