```

ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイで美味しいポケ丼を食べられる店12選

投稿者: Eriko 更新日:2019年08月06日

12 Best Poke Bowl Spots in Hawaii

ALOHA! ハワイのソウルフードと言えばやはりポケ(ポキ)ですよね。そして、温かいご飯の上にポケが載ったものをポケボウル(ポケ丼、またはポキ丼)と言います。

海鮮丼のようにあっさりと美味しくて、おそらく数あるハワイ料理の中でも日本人が食べて一番しっくり美味しいと思える料理ではないでしょうか? そこで今回は、ポケボウルを愛してやまない編集部員が、美味しいポケ丼を食べられるおすすめ店を12選ご紹介します。皆様のお気に入りはどこでしょうか?

<目次>
【はじめに】ポケ丼について
1.ヤングスフィッシュマーケット
2.オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット
3.アイランド・ヴィンテージ・コーヒー
4.モア二・アイランド・ビストロ&バー
5.パイナカフェ
6.フードランド・ファームズ
7.タニオカズ
8.二コスピア
9.フレッシュ・キャッチ
10.オノ・シーフード
11.マグロブラザーズ
12.ハワイ寿司

ポケどん

ポケ丼について

「Poke(ポケ)」とは、ハワイ語で切身という意味。その昔、ハワイアンの人々は魚の切り身とリムを混ぜて食べていたそうですよ。

新鮮な魚や魚介類を一口大に切って、ハワイアンソルトやリム(海草)、ククイナッツ、醤油などで味付けしたハワイ料理のことをポケといいます。例えば、マグロ(アヒ)を使ったものはアヒポケ、タコはタコポケという風に呼ばれます。

「Poke」は、ハワイ語では「ポケ」と読みますが、日本人や欧米人は、ポキと言う発音をされる方も多いですよね? ※「ポケ?ポキ?どっちがほんとう?」と気になる方はこちらの記事をご覧ください。

なにはともあれ、このポケをご飯に載せたものがポケボウル、いわゆる「ポケ丼」なのです。海鮮丼のようにあっさりと美味しく、新鮮な魚に目がない日本人の口に合うこと間違いなし! 

ポケの種類はとても多くお店によってもさまざまですが、下に代表的なものをあげてみました。オーダーするときの参考にしてみてくださいね。ショーケースに並んでいるポケを見て味見させてくれるお店もあるので、その場合はトライしてからオーダーするのをおすすめします。

●アヒポケ マグロのポケ
●しょうゆポケ 切り身のしょうゆ漬け
●ハワイアンシーソルト 塩味のあっさり系、お願いするとしょうゆも足してくれます
●スパイシーアヒ マヨネーズとしょうゆ、ピリ辛ソース(シラチャー・ソース)を混ぜ合わせてあります
●リム、またはオゴなど ハワイアンの海草入り

それでは早速、編集部のおすすめのお店をご紹介しましょう。

 

1.ヤングス・フィッシュ・マーケット

カポレイ・コモンズに第2号店をオープンしたハワイの老舗レストラン「ヤングス・フィッシュ・マーケット」。手軽に食べられて美味しいポケ丼はこのお店の人気メニュー。その中からお店の人が選ぶ人気ナンバー3をご紹介します。

1.アヒしょうゆポケ $10.25 

しょうゆ、オニオン、セサミオイル、オゴ(海藻)入りのポケ。

ポキ丼

2.スパイシーアヒポケ $10.25

シラチャー・ソース、トビコ、ハワイアンソルト入りのスパイシーなポケはローカルの大好物。

ポキ丼

3.ロミアヒポケ $14.25

塩もみしたアヒが柔らかくて美味しいロミアヒポケ。

ポキ丼

ポケ丼の値段は$10.25〜。ボリュームはすごくて2人でシェアしてちょうど良い。ご飯は白米か玄米を選べます。

また、ポケの他にラウラウ、カルアピッグ、ロミサーモンの中から1種類オカズを選べるハワイアンポケボウルも人気です($14.25~)。

実際に食べてみた感想は、他店のポケ丼と比べて塩味が薄目で、お魚の美味しさを味わえる本格派です。

ポケ丼

店舗情報

場所:オアフ島西部のカポレイ・コモンズ

イートイン:店舗内とテラス席もあり

ヤングスフィッシュマーケット

ヤングス・フィッシュ・マーケットは、オアフ島西部を代表するショッピングセンター「カポレイ・コモンズ」に2019年にオープンしました。

1号店はホノルルのダウンタウンに1951年にオープン。魚を中心としたハワイ料理/中華料理を家庭的な雰囲気の中楽しめます。ポケの他にも、ラウラウやプレートランチ、ビーフシチュー、魚料理なども人気です。

◎ヤングス・フィッシュ・マーケット
Young’s Fish Market
場所:4480 Kapolei Parkway #600 Kapolei, HI 96707
電話:(808)312 1377
営業時間:月曜~土曜 10:00-21:00、日曜 10:00-18:00
ウェブサイト(英語):https://www.youngsfishmarket.com/
駐車場:カポレイ・コモンズの駐車場に無料で駐車可能

◎カポレイ・コモンズ
Kapolei Commons
場所:4450 Kapolei Pkwy. Kapolei
電話:(808)529-9560
営業時間:店により異なる
定休日:なし
ウェブサイト(日本語):http://www.thekapoleicommons.com/jpn

 

2.オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット

ハワイ大学のあるカレッジタウン、マノア地区に最近オープンしたポケショップ「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット」のジンジャーポケが話題! ということで、Myハワイ編集部員も早速食べてきました!

こちらがその噂のジンジャーポケ(レギュラーサイズ、ポケ2チョイス $12.49)。ご飯は酢飯。ご飯が緑色な理由はホウレンソウ入りなんだそうです。左側のトッピングはジンジャー。ネギや野菜もたくさん載っていてヘルシーそうだが、実際食べてみると食べ応えあり。

ハワイのポキ丼

ポケのオーダー方法は3ステップ。

1.サイズを決める。ミニサイズは$9.99、レギュラーサイズは$11.99です。今回編集部員2人でレギュラーをシェアしてちょうどよかったので、一人でオーダーする場合はミニで大丈夫かと思われます。

2.ベースを選ぶ。白飯、玄米、もしくは$1追加でグリーンサラダ、酢飯もあり。

3.ポケを選ぶ。1チョイス、または50セント追加で2チョイス。

ポキ丼の美味しい店

ジンジャーポケを食べてみた感想は、たっぷりめのジンジャーと新鮮なポケ、青ネギのコンビは愛称が良かった。ご飯は酢飯を選んで大正解でした。

一般的にはポケ丼のポケは温かいご飯の上に載っていることが多いのですが、個人的には生魚は冷たいご飯にあるほうがピンとくるので好みです。あっさりと食べたい人におすすめのポケ丼です。

オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット、ポキ丼

店舗情報

場所:マノア地区

イートイン:中と外にあり

オフザフックポケマーケット

ハワイ大学に近い閑静な住宅街のあるマノア地区にオープンしたばかりのポケ専門店。オーナーがホノルル魚市場で買い付ける新鮮な魚が食べられます。

店内はこじんまりとしているもののビーチハウスのような爽やかな雰囲気で、テラス席もあり。隣にはインスタ映えするので有名なマノアの「緑色のスターバックス」があります。

オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット
Off The Hook Poke Market
場所:2908 E Manoa Rd, Honolulu, HI 96822
電話:(808)800-6865
営業時間:月~金曜 11:00‐18:00 日曜 定休日

 

3.アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

観光客に人気の場所にお店がありとても便利なアイランド・ヴィンテージ・コーヒー。ワイキキ、ノースショア、コオリナ・リゾートでも美味しいポケ丼が食べられます。

編集部員がトライしたのは醤油アヒ($14.95)。マウイスイートオニオン、アボカド、ククイナッツ、ハウスメイド醤油と、具沢山でおすすめです。

アイランドヴィンテージコーヒー、ポキ丼

アイランド・ヴィンテージ・コーヒーでは、ご飯を選ぶ際に、白米、玄米、五穀米、キヌアサラダがあるのが特徴です。

今回編集部員は五穀米を選んでみましたが、モチモチした食感で美味しかったです。レタスやリーフ系の野菜も入っていてヘルシーな感じで食べやすいですよ。

ポイ($1.95)、またはグルテンフリー醤油($1.50)も好みで追加できます。同店には豆腐ポケやアボカド入りのベジタリアンのポケ丼もあります。種類は醤油アヒの他にもいろいろ種類があるのでぜひトライしてみてください。

店舗情報

場所:ワイキキ、コオリナ・リゾート、ノースショアのハレイワなど(写真はハレイワ店)

イートイン:あり

美味しいハワイアンコーヒーを飲めるカフェ。ポケだけでなく、朝食やランチメニューも充実しています。同店のアサイーボウルも人気です。ハワイアンコーヒーをはじめメイド・イン・ハワイのお土産も販売しています。

アイランドヴィンテージコーヒー、ポケ丼

◎アイランド・ヴィンテージ・コーヒー
Island Vintage Coffee

ロイヤル・ハワイアン・センター店
場所:2301 Kalakaua Avenue #C215 Honolulu
電話:(808)926-KONA
営業時間:毎日 6:30-23:00、フード:毎日6:30-22:00
駐車場:ロイヤル・ハワイアン・センターに駐車。$10以上使いバリデーションをもらうと、最初の1時間無料、2時間まで$2、3時間まで$4で駐車可能。

コオリナ・リゾート店
場所:コオリナステーション 92 -1048 Olani St, 3-103C, Kapolei, HI 96707
電話:(808)678-3888  
営業時間:毎日 6:00-21:00、フード:毎日6:30-14:00
駐車場:コオリナステーションに無料で駐車可能

ハレイワ店
場所:66-111 Kamehameha Hwy, Suite 503, Haleiwa
電話:(808)637-5662
営業時間:毎日 6:30-18:00、フード:毎日7:00-17:30
駐車場:ノースショアマーケットプレイス内に無料駐車場

ウェブサイト(英語):https://www.islandvintagecoffee.com/

 

4.モア二・アイランド・ビストロ&バー

カ・マカナ・アリイの最新レストラン「モアニ・アイランド・ビストロ&バー」のおすすめポケ丼は、ランチメニューにある「ハワイアンスタイル・アヒポケ($16)」。

モア二・ビストロ・バー・アンド・カフェ

大きなお皿と一緒に出てくるポケ丼には、かいわれ、あられ、スパイシーマヨ、ウォータークレスサラダと具沢山。新鮮なアヒポケは塩味が効いていてご飯が進みます。

お酒のおつまみにも行けそう。ボリュームたっぷりで2人でシェアして丁度よいくらいの量です。※ランチメニューは、午前11時30分から午後3時までオーダー可能。

◇関連記事/【動画付】西オアフのおすすめスポット完全ガイド

店舗情報

場所:カ・マカナ・アリイ

イートイン:あり

オアフ島西部の大型ショッピングセンター、「カ・マカナ・アリイ」内のレストラン「モア二・アイランド・ビストロ&バー」では、オーナーの祖母のレシピを再現した家庭的なハワイアン料理を味わえます。

カ・マカナ・アリイのレストラン情報は下の記事からご覧ください。

◇関連記事/ハワイの新グルメスポット!カ・マカナ・アリイのおすすめ11選

ハワイのポケ丼

◎モア二・アイランド・ビストロ&バー
Moani Island Bistro & Bar
場所:91-5431 Kapolei Pkwy Suite 1001 Kapolei, Hawaii
電話:(808)670-2638
営業時間:日曜~木曜11:30-深夜12:30、金曜~土曜11:30-深夜1:30
ウェブサイト(英語):https://www.themoanihawaii.com/

◎カ・マカナ・アリイ
Ka Makana Ali’i
住所:91-5431 Kapolei Pkwy, Kapolei, HI 96707
電話:(808) 628-4800
営業時間:月~土曜10:00-21:00、日曜10:00-18:00
ウェブサイト(英語):https://www.kamakanaalii.com/
フェイスブック公式ページ(日本語):https://www.facebook.com/kamakanaaliiJP/
インスタグラム公式ページ(日本語):https://www.instagram.com/kamakanaaliijp/

 

5.パイナカフェ

地元でも“ポケ丼の旨い店”として知られるお店「パイナカフェ」のポケ丼。

パイナカフェのポケ丼メニューは充実しています。同店のオリジナルポケ丼メニュー8種類の他に、「ビルド・ユア・オウン・ポケ・ボウル(Build Your Own Poke Bowl)」というメニューがあります。こちらは新鮮なポケの具と好みのトッピングを選べるので、自分好みのポケ丼を食べられますよ。

ハワイアンポケボウル($10.50)をカスタマイズで組み合わせたポケ丼

ポキ丼

スパイシーツナと醤油アヒに天かすをトッピングにしてみました! スモールサイズ 

パイナカフェ、ポキ丼

オーダーの仕方は簡単。まず、スモール、ラージ、エクストララージからサイズを選びます。そして、白米か玄米を選び、味付けを、スパイシーツナ、醤油アヒ、ホット醤油アヒ、醤油ジンジャーサーモン、リムアヒ、ワサビまさごアヒ、スイートチリ豆腐、デイリーピケスペシャル(日替わり)の中から選びます。

好みでトッピングをプラス(1アイテムにつき50セント)できます。トッピングは天かす、納豆、ネギ、漬物など10種類以上あります。

パイナカフェ、ポキ丼、美味しい

編集部員が食べてみた感想は、下のごはんになかなかお箸が到達できないほど、ゴロゴロとぶつ切りにされたアヒがたっぷり。

ポケもフレッシュで、醤油の味付けも程よかったです。スモールサイズなら、ちょっと小腹がすいたときや軽い朝食などにも利用できそうです。

店舗情報

場所:ハワイではワードビレッジ、ココマリーナセンター内

イートイン:あり

パイナカフェは、オアフ島のワードビレッジココマリーナセンター内にあります。ポケ丼の他にもアサイーボウルなどのメニューも人気で、スイーツやコーヒーも楽しめます。

ココマリーナセンターは、ワイキキからハナウマ湾に行く途中にあります。海と緑に囲まれた風光明媚なハワイカイ・マリーナに隣接するショッピングセンターです。

パイナカフェ、ポキ丼

◎パイナカフェ
Paina Cafe

◎ココマリーナセンターセンター店
場所:7192 Kalanianaole Hwy Ste. E123A
Honolulu, HI 96825

電話:(808)356-2829
営業時間:日曜~木曜11:00-19:30 金・土曜11:00-20:00

◎ココマリーナ センター
Koko Marina Center
電話:(808)395-4737
営業時間:9:00-21:00 ※店舗によって異なります。
ウェブサイト(英語):http://www.kokomarinacenter.com/

◎ワードビレッジ店
場所:1200 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
電話:(808)356-2829
営業時間:月曜~土曜10:00-21:00、日曜10:00-18:00

ウェブサイト(英語):http://www.painacafe.com/
駐車場:ココマリーナ、ワードビレッジともにあり

◎ワードビレッジ
Ward Village
場所:1050 Ala Moana Blvd., Honolulu, Hawaii 96814
ウェブサイト(日本語):https://www.wardvillage.com/jp

 

6.フードランド・ファームズ

フードランドといえばハワイ発祥の地元のスーパーですが、アラモアナセンターのフードランド・ファームズのポケコーナーも狙い目です。ここのポケボウルはなんと$6.99から食べられるので、スナック代わりに食べたい時にも便利(一部除外品もあります)。

写真は大人気のスパイシーアヒ。

フードランドファームズ、ポキ

ご飯はホワイトライス(白米)かブランウンライス(玄米)が選べて、ふりかけも足してもらえます。ポケを2種類選ぶと$9.99です。

フードランド、ポキ丼

アヒは、フレッシュキャッチ(鮮魚)と冷凍のものがあります。鮮魚が値段はやや高めですが美味しいのは言うまでもない。

カウンター越しにポケボウルを作ってもらいお店の人が値段を貼ってくれるので、スーパーのレジで支払います。

店内のイートインコーナーで食べることも可能。ショッピングの合間にぜひご利用ください。

◇関連記事/フードランドの新ブランド「マイカイ」に新商品続々登場!

店舗情報

場所:アラモアナセンター内

イートイン:あり

駐車場:センター内の駐車場

ハワイ州に37店舗を展開している、歴史あるハワイ生まれのスーパーマーケットチェーン。アラモアナセンター店は数年前に同じセンター内で移転して新装オープンしました。

フードバーや、スイーツ、お惣菜から、ワインバーまで、デリコーナーが超充実。ポケコーナーは、お総菜コーナーの中央にあります。

◎フードランド・ファームズ
Foodland Farms

場所:アラモアナセンター1階エヴァウイング
電話:(808)949-5044
営業時間:毎日5:00-22:00
ウェブサイト(英語):http://www.foodland.com/stores/foodland-farms-ala-moana

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center

場所:1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814
電話:(808)955-9517
営業時間:月曜~土曜9:30-21:00、日曜10:00-19:00
休業日:年中無休
ウェブサイト(日本語):www.alamoanacenter.jp

 

7.タニオカズ

ランチタイムに長蛇の列が出来るので有名な、ワイパフのシーフード専門店「タニオカズシーフード&ケータリング(Tanioka’s Seafood&Catering、以下タニオカズ)」のアヒのポケ丼は絶品! 

こちらは噂のポケ。1チョイス(ポケ1種)が$8.95、2チョイスならば$11.95。新鮮なアヒとタマネギのシャリシャリ感が美味で、これに歯ごたえの良いリムと長ネギが加わり絶妙な味わい。

アヒポケの種類もリム(海草)ポケ、オニオンポケ、醤油ポケ、アラエ(ハワイアンソルト)ポケ、スパイシーアヒポケなど多種。

アヒポケ以外にもタコポケやイミテーションクラブ(つまりカニカマ)ポケ、枝豆ポケ、コリアンスタイル(韓国式)クラム(はまぐり)ポケ、などもあります。

タニオカズ、ポキ

オーダーの仕方は、「1 choice poke bowl with Spicy Ahi poke please(ワン・チョイス・ポケボウル・ウィズ・スパイシー・アヒポケ・プリーズ)」と言えばOK。ポケの部分は好みで選べます。

ひとつだけ難点といえば、行列ができているので、選ぶときに早く決めて注文しなければいけないというプレッシャー(笑)!?…大丈夫。お店には対応してくれる店員さんがたくさんいます!

タニオカズ、ポキ

毎日競りで仕入れたネタを使い店内奥のキッチンで作ったこの店のポケ丼は超新鮮で、多少遠くても食べに行く価値大!

ポケだけでも購入可能ですが、ご飯と一緒のポケ丼はテイクアウトのランチメニューとして大人気です。

店舗情報

場所:ワイパフ

イートイン:テイクアウトオンリー

タニオカズ、ポキ

タニオカズは、ハワイ在住者なら知らない人はいないほどの有名シーフード専門店です。場所は、ワイケレ・プレミアム・アウトレットがある、オアフ島中部のローカルタウンのワイパフに位置。

レンタカーでワイケレから約10分、コオリナ・リゾートからは約20分で行けます。お昼時には毎日お店の外まで行列ができる人気店の絶品ポケ丼をぜひ味わってみてください。

◎タニオカズ・シーフード&ケータリング
Tanioka’s Seafoods & Catering
場所:94-903 Farrington Hwy., Waipahu, HI 96797
電話:(808)671-3779
営業時間:毎日9:00-15:00
休日:祝祭日
ウェブサイト(英語):http://www.taniokas.com

 

8.ニコスピア

ハワイ旅行者に大人気のポケ丼をご紹介します。

ホノルル埠頭にあるニコスピア38(以下ニコス)内にある「フィッシュマーケット」のポケ丼。魚市場から目と鼻の先にあるので捕れたての鮮魚を確実に食べられます。

同店のポケ丼は、ご飯とお好みのポケ3種類で$10.95。編集部員が選んだのは、同店おすすめのスパイシーアヒ、しょうゆアヒ、アルティメートアヒ(魚3種とトビコ入り)。

ニコスピア

オーダー方法は簡単。まず、お店の奥にあるポケカウンターで白米か玄米を選び、ショーケースから好みのポケ3種類を選びます。ポケの値段はそれぞれですが、どれを選んでも値段は$10.95です。ポケカウンターでポケ丼をもらったら、レジで支払いを済ませます(クレジットカードも使用可)。

ニコスピア、ポキ丼

ニコスのポケ丼を食べてみた感想。ご飯は少なめでお魚たっぷり。自分はけっこう魚好きですが、ポケが多くて一度には食べきれませんでした。

ふりかけ、フライドガーリック、セサミシード、チリフレーク、ハワイアンソルトなど、ポケ丼に好みで加えられるようカウンターに置いてあります。

ニコスピア、ポキ

フィッシュマーケットは、鮮魚、ポケ、ポケ丼などを取り扱っているミニマートです。ポケは量り売りでも買えますが、パッケージ売りのものはすごく安かったです。ポケだけ買うのもありですね。

フィッシュマーケットはニコスの隣にありますが、ニコスとは営業時間が違うので気を付けてくださいね。ポケカウンターは夕方頃には閉店します。

店舗情報

ニコス・ピア38、ポキ

場所:ホノルルハーバーのピア38とカイルア

イートイン:店舗の外にはテーブルが4セット、店内にも座れるイートインスペースもあります。ニコスピアのレストラン内で食事をする場合でも、ポケ丼を店内に持って行って一緒に食べることも可能。

ニコスはニミッツハイウェイ沿いにあり、ザ・バスやトロリーも通っているのでとても便利。ワイキキからほどよい距離なので冒険気分で出かけるのに最適です。心地よい潮風を感じながら食事を楽しめます。

◎二コスピア 
Nico’s Pier 38
場所:1129 N. Nimitz Hwy. Honolulu, HI 96817
電話:(808)540-1377
営業時間:月曜~土曜6:30-21:00、日曜10:00-21:00、ポケカウンター:月曜~土曜9:00-18:00、日曜10:00-16:00
ウェブサイト(英語):https://nicospier38.com/fish-market/
駐車場:お店の横、または周辺にもたくさんあり

 

9.フレッシュ・キャッチ

庶民的な街カイムキにあるシーフード専門店「フレッシュ・キャッチ」の美味しいポケ丼をご紹介します。実は編集部員はこのお店の大ファンです。

同店のポケの種類は本当に多くて、毎回、同じポケがあるとは限りませんが、写真のポケは、(左上から時計回りに)醤油アヒ、ハワイアンスパイシーアヒ、山葵しょうゆアヒ、サーモンポケ。

フレッシュキャッチ、ポケ

こちらはハワイアン・スパイシーアヒ。2種類あったスパイシーアヒのうちリム(海草)入りのハワイアンは、ピリ辛具合もほどよく美味しい。

フレッシュキャッチ、ポケ

お店のショーケースにはポケ各種が並びどれにしようか悩みますが、味見をさせてくれるので大丈夫ですよ。

ポケの値段は時価ですが驚くほど安く、一番小さなプレート(ご飯1スクープにポケを1つセレクトしてどれも約$4)。子どもに食べさせるのにもちょうど良いサイズですし、ランチやディナーでなくても小腹が空いたときに立ち寄っておやつがわりにペロッといける感じです。

ん? こんなんじゃ足りない? そんな方にも、ご飯とポケは追加料金で足すことができますからご安心ください。ご飯も好みで玄米に変えてくれます。

店舗情報

場所:ハワイ大学マノア校の近く

イートインの有無:あり

ハワイ大学に近い庶民的なカイムキ地区にあるポケのお店です。道路沿いにあり、浜辺が似合いそうな水色の建物に愛嬌のあるタコのイラストが目印です。

店内も広くて座れるスペースも十分あるので買って店内で食べても、近くの公園にもって行ってピクニックのように食べても良いですね。編集部一押しのシーフードとポケのお店です。

◎フレッシュ・キャッチ・カイムキ
Fresh Catch Kaimuki
場所:3109 Waialae Ave. Honolulu, HI 96816
電話:(808)735-7653 
営業時間:月曜~土曜10:00–19:30、日曜10:00–17:00
ウェブサイト(英語):http://freshcatch808.com/

パーキング:お店の前にあり(無料)
行き方(ザ・バスで):アラモアナセンター側のバス停(カピオラニ通り)から9番で行き、セントルイス高校(シャミナード大学)の前あたりで下車して徒歩。ワイキキからだと、マッカリーショッピングセンターの斜め前(カピオラニ通りとマッカリー通りの角当り)のバス停から9番に乗車してもよい。

 

10.オノ・シーフード

カパフル通りにあるオノ・シーフードのおすすめは、スパイシーアヒ。マヨネーズとチリを混ぜたような文字通りスパイシーな味付け。ピリ辛な味付けとマヨネーズにご飯がすすむ一品です。「ハワイアンスタイル」は海藻(リム)に混ざったごま油の風味が活きて美味しい!

オーダーする際に、ご飯のサイズ、ご飯の種類(白米か玄米)、ポケの種類、味付けを選択。ご飯は普通か特大かで選べます。二つのポケを半分ずつのハーフ&ハーフも注文可能です。

この投稿をInstagramで見る

@ono.seafoodがシェアした投稿

 

店舗情報

この投稿をInstagramで見る

Norihiko Ohashiさん(@nurihiko)がシェアした投稿

場所:カパフル通り

イートインの有無:小さいがあり

ワイキキから比較的近く、ローカルや旅行者にも人気のポケボウルが食べられるお店です。

ワイキキから徒歩で行くのは大変ですが、ザ・バスを利用していく人が多いようです。お店の前には数台停められる顧客専用駐車場がありますが、小さいのでテイクアウト程度にして、長く停めるのはおすすめしません。

◎オノ・シーフード
Ono Seafood
場所:747 Kapahulu Ave. Honolulu HI 96816
電話:(808)732-4806
営業時間:火曜~土曜 9:00-18:00、日・月曜 店休日
駐車場:1、2台停める専用スペースあり

 

11.マグロブラザーズ

ワイキキにお店がありハワイ旅行者に大人気のポケをご紹介します。

同店で海鮮丼と並び人気のポケ丼は、醤油オニオンアヒ、スパイシーマヨアヒ、ハワイアンリムアヒ、ワサビ醤油アヒなどがあります。

サイズはレギュラーとエクストララージの2種類があり、お米は$1追加で、オーガニック玄米もしくはグリーンサラダに変更も可能。値段は、レギュラーが$8.98、ラージが$12.75(価格の変動あり)。

この投稿をInstagramで見る

Maguro brothers hawaiiさん(@magurobrothershawaii)がシェアした投稿

 

毎日競りで仕入れた新鮮な魚を使った美味しいポケはお値段もとてもリーズナブルと評判です。

この投稿をInstagramで見る

Maguro brothers hawaiiさん(@magurobrothershawaii)がシェアした投稿

 

店舗情報

チャイナタウンとワイキキのパール・ホテル・ワイキキ

イートイン:チャイナタウン店はあり、ワイキキ店はテイクアウトのみ

実家が魚屋だという兄弟が、東京築地の魚市場やレストランなどの経験を経てオープンした人気シーフード店。ホノルルの魚市場で競り落とした新鮮な魚がいつでも食べられると定評があります。ポケ丼の他にもお寿司やチラシ寿司も人気。

チャイナタウン店は朝から午後3時までオープンしており、午後はワイキキ店がオープンします。ワイキキ店はテイクアウトオンリーですが、チャイナタウン店はイートインも可能です。

ワイキキの新店舗はパール・ホテル・ワイキキの1階、ワイキキのクヒオ通りからアラワイ運河側のナフア通り沿いにあります。日曜を除く毎日、午後5時30分~9時まで空いているので、旅行者も徒歩圏内で気軽にテイクアウトできて便利です。

◎マグロブラザーズ
Maguro Brothers

チャイナタウン店
場所:1039 Kekaulike St., Kekaulike Market #113, Honolulu, HI 96817
電話番号:(808)259-7100
営業時間:月~土曜 7:00-15:00

ワイキキ店
場所:パール・ホテル・ワイキキ1階 415 Nahua St, Honolulu, HI 96815
電話番号:(808)230-3470 (日本語OK)
営業時間:月~土曜 17:30-21:00

 

12.ハワイ寿司

ワイキキをダイヤモンドヘッド方面へ進んだモンサラット通りにある「ハワイ寿司」は、日本人のシェフが握るお寿司が人気のお店です。

そして、ここのポケ丼(価格$6)がおすすめです。そう、間違いじゃありません! $6で提供されています。

View this post on Instagram

A post shared by Michael Garcia (@immichaelgarcia) on

実はこのポケ丼は、このお店の日替わり海鮮丼メニューのひとつ。日本のシェフが作っていて、しかも激安価格でおすすめなのですが、難を言えばそのために売り切れのことも! お目当ての方は早めの来店をおすすめします。

View this post on Instagram

A post shared by HAWAII SUSHI (@hawaiisushi) on

海鮮丼は、アヒポケやサーモン、ハマチ、サーモン&いくら、鰻、刺身など、新鮮なネタを使ったメニューが充実しています。

店舗情報

View this post on Instagram

A post shared by Tim Bernhoff (@berne79) on

場所:ダイヤモンドヘッドに近いモンサラット通り

イートイン:小さいがあり

日本の職人さんがオーダーが入ってから握ってくれることから、ハワイ在住者にも人気の寿司屋。低価格でハイクオリティのお寿司が食べられます。握り、巻物、カリフォルニアロールなど何でお美味しく、巻き寿司も$1.50からあるのでコンビニで買うよりお得!

ダイヤモンドヘッドの麓にあるので、登山の帰りに食べるのにちょうどよいです。

◎ハワイ寿司
Hawaii Sushi
場所:3045 Monsarrat Ave Ste1, Honolulu, HI 96815
電話:(808)734-6370
営業時間:月曜~金曜 10:00-20:00、土・日曜 10:00-15:00
駐車場:お店の前にあるが小さい

さて、いかがでしたか? ハワイに来たらぜひ名物のポケ丼をトライしてみてくださいね。ALOHA!

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, ハワイのローカルフード


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ