ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

「パイプライン・ベイクショップ&クリーマリー」で究極のマラサダをゲットせよ!

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年03月10日

Eating the ultimate malasada at Pipeline Bakeshop & Creamery

カイムキのベーカリーで美味しいマラサダを食そう!

ハワイといえばマラサダ、マラサダといえばハワイ。ということで、ハワイ旅行中はマラサダを食すことが半ば「使命」と化している方も多いのではないでしょうか?

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

そんな「マラサダ大好き!」なあなただって、たまにはいつも慣れた定番のお店ではなく「新しい味が食べたいな」と思うことがあるはず。Myハワイ編集部ではカイムキに「究極のマラサダ」を売る店があると聞きつけ、早速行ってまいりました!

食の街カイムキの可愛いお店

「パイプライン・ベークショップ&クリーマリー(Pipeline Bakeshop & Creamery)」は、カイムキのゴールデン街(勝手にそう呼んでます)、ワイアラエ・アベニューと12thアベニューの交差点前のマカイ(山)側にあります。老舗カフェ「コーヒートーク」の向かいといえば分かりやすいでしょうか。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

お店はエクステリアもインテリアも、海が好きというオーナーのテイストに合わせ、ハワイの海の色を表したという水色と白を基調にしています。ビーチコテージのような雰囲気のキュートで爽やかな印象ですね。

こちらはオーナー兼社長、カイムキネイティブのゲイラさん。「パイプライン」という名前はもちろんあの有名なサーフブレイクから取ったそうです。パイプラインはノースショア、お店はカイムキですが、ハワイらしい名前を付けたいと考えてパイプラインを選んだのだとか。将来的にはノースショアに支店を出すこともあり得ます、とはゲイラさんの弁。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

見てください、このまるまるとした見事なマラサダを…。マラサダといえば、時間が経つとベタベタしてぺしゃんこになってしまう場合もありますが、ゲイラさんは「時間が経ってもパン生地がつぶれない作り方を研究したんです」と話します。試行錯誤に結果、こんなまんまるのボールのようなマラサダの作り方を編み出したそうです。

マラサダはオーダーした後に作ってくれるので、揚げたてほかほかを食べることができます。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

お皿に並べると、そのまんまる具合がよく分かります。フレーバーはクラシック(1個$1.25)、ココア、コーヒー、リヒン(各$1.45)の4つ。リヒン(Li Hing)とはあのハワイのお菓子などによく使われる甘酸っぱいパウダーのこと。1ダース、2ダースとまとめて買うと割引があってお得です。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

ゲイラさんの個人的な好みで、この店のマラサダには「フィリング(中身)」が入っていません。「中にいろいろ入れると、マラサダ本来の良さが分からなくなってしまうから」とはゲイラさん弁。

ということで、味の違いはパン生地についたパウダーで、中はみな同じふわふわのマラサダです。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

ちなみに中はこんな感じ。きめが細かく、モチモチした食感がたまりません。ちょっと固めで歯ごたえがある表面との計算されたコントラストはお見事。さすが何年も研究を重ねただけあります。

イートインスペースもあるベーカリーカフェ

しかし、この店ではマラサダだけで満足してはいけません。ベーカリー&クリーマリーなので、他にもいろんなスイーツがあります。

パイプライン名物「ケーキ・ボム(Cake Bomb)」も絶対試してほしい1品。型に入れてやいた生地にアイシングをかけたものですが、右のアイシングのピンク色はストロベリーとグアバ(右)からきているそうです。

アイシングだけでなく、砂糖やフルーツなどの材料もできる限り地産品を使うというこだわりよう。また商品には人口着色料や甘味料などは一切使用しておらず、すべてナチュラルというのもうれしいですね!

ケーキ・ボムは1個$3.85、3個以上は5%オフで1個$3.66、9個以上は10%オフで1個$3.50です。

パイプライン・ベイクショップ&クリーメリー

そしてこちらは感動もののアイスクリーム。上にのっているのはマウイ産のローシュガー(粗糖)だそうです。マラサダが混ぜられているというこのアイスクリーム、食べたらびっくりするくらいの美味しさでした!

お店にはほかにもクッキーやマラサダ・ブレッドプティング、スコーン、バナナ・ブレッドなどいろいろ。またコーヒーや紅茶、ココアなどの温かい飲み物もあります。

こちらのマグカップやTシャツ、エコバッグなどのロググッズは珍しいハワイのおみやげとして喜ばれそうですね。

お店の中にカフェスペースがあって、イートインできるのもナイス。ちなみに、ポスターに描かれた犬2匹はゲイラさんの愛犬で、店のマスコットとして出勤(?)することもあるそうです!

 

いかがでしょうか? 早速行ってみたくなりませんか?

ワイアラエ・アベニューはザ・バスではワイキキから多少行きにくく、13番バスでサウスキング・ストリートまで出てから1番バスに乗り換えなければなりませんが、人気のお店がたくさんあるので行く価値は大いにあります。

レンタカーの場合、12thアベニューすぐ前のセンター・ストリートを左に曲がり、左側にパイプライン・ベークショップのサインがある駐車場に無料で停めるか、路上のコインパーキング、あるいは12thアベニューから入れる市営駐車場(有料)にも停めることが出来ます。

 

◎Pipeline Bakeshop & Creamery
住所:3632 Waialae Avenue, Honolulu, HI 96816
電話:808-738-8200
駐車場:無料(Center Street左側)
営業時間:水~土曜7:00~21:00、日曜8:00~21:00(月・火曜定休)

※バケーションのため3月12日~20日まで閉店します。

 

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ