ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「Minoriのフラレッスン体験」

第07回 フラ2クラスに挑戦!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年12月15日

スポンサーリンク
第7回 フラ2クラスに挑戦


夜のクラスにもかかわらず、多くの生徒がフラを習っています

ドキドキのフラ2クラス
「一度見学してから、フラ2を取るかどうか、決めた方がいいわよ」というメアリー先生の忠告も聞かず、いきなりフラ2を申し込んでしまった私。「もし、どうしても付いて行けなかったら、フラ1にトランスファー(クラス替え)してしまおう」という甘い考えが、頭の片隅にあったことは否めません。ということで、早速フラ2のクラスに行って来ました。まず、驚いたのが、生徒数の多さと日本人の多さ 人数の少なかった土曜日のフラ1と同じ教室とは思えないくらい。14人も入ると、教室が小さく見えます。教室には大きな鏡が壁一面にあるのですが、これだけ人数が多くなると、全員は鏡の前に立てず、小心者の私は鏡からはみ出した位置になってしまいました。もう一つ驚いたのが、みんな、パウをはいてレッスンに来ているではないですか 会社帰りの普段着で参加している私とは、「真剣さが違う、やる気が違う…」。しょっぱなから、少しひるんでしまいました。


今回もメアリー先生(右)が担当で良かった

●やった 今回もメアリー先生
教室の外で待っている時、メアリー先生が出て来て、「ミノリ?」と声をかけてくれました。最後のフラ1のレッスンから半年経っていたので、私のことを覚えていてくれたのは嬉しかったです。「フラ2は違う先生だったらどうしよう…」と少し心配していましたが、引き続きメアリー先生でホッとしました。教室には日本人の生徒が10人いましたが、レッスンが始まってみると、「私以外はプロ?」と思うほど上手ではありませんか 指先まで十分意識しているのに、動かし方がとってもナチュラル。あと、大切な腰の動かし方が違う とにかく、とっても自然にフラが踊れているのです。ここだけの話ですが、フラ1のクラスでは主人に、「2番目に下手」と言われた私でしたが、主人が指していた1番下手な人は中国人のリーでした。たまたま、アジア人2人のできが悪かったものですから、主人は「アジア人には、あの腰の動きがないんだよ」と言われていたのです。ところが、主人は間違っていたのです。私以外の日本人9人、みんなアミが完璧にできているではないですか 「アジア人だからできない、仕方ない」とタカをくくって言い訳にしていた私は、思わず焦ってしまいました。


熱心にプリントに書き込む生徒たち

真剣な他の生徒たち…
いつもの通り、プリントを配り、曲の説明の後、16節ずつに区切って動作を習います。フラ2のクラスは、1時間で1曲習うわけですから、みんな真剣です。その点、「土曜日のフラ1クラスは2時間で1曲だったから、道理でのんびり習えたわけだなぁ」と、ぼんやり考えていました。みんなの真剣さは、ヒシヒシと私にも伝わってきます。「その場が楽しければイイ」という私とは大違いで、新しい動作を習うたびに、もらったプリントにハンドモーションやステップを書き込んでいるのです。そうすれば、後からでも踊れるわけですからね。書くものを持っていなかった私は、「シマッタ」と思ったものの、「次回から、これは私も応用しよう」と気持ちを新たに引き締めました。

NOHO PAI PAI
PUPUE IHO AU E MEHANA
I CROUCH DOWN TO KEEP WARM
HOPE ANAO VESE I KU’U POLI
THOUGHTS OF MY SWEETIE TEASE MY HEART
ME HE A LA NO ‘E I MAI ANA
AS THOUGH SAYING TO ME
‘AUHEA KU’U LEI ROSELANI
GIVE ME YOUR ATTENTION MY ROSELANI LEI
MALIHINI ‘OE MALIHINE AO
YOU ARE A STRANGER, I AM A STRANGER TOO
MA KA IHU KAUA KAMA’AINA
BY MEANS OF A KISS, WE ARE ACQUAINTED
I NA O YOU ME A’U
IF YOU WERE HERE WITH ME
KAU PONO I KA NOHO PAI PAI
WE COULD ROCK TOGETHER ON A ROCKING CHAIR
HA’INA IA MAI KA PUANA
THIS ENDS MY SONG
HOME ANA ‘O VESE I KU’U POLI
DREAMS OF MY SWEEITE, TEASE MY HEART

気合を入れて頑張るぞ
この歌は、どうやらラブソングのようです。知らない者同士が出会い、そしてキスをし、仲良しになる、という可愛らしい内容の歌なのです。題名のNAHOは「座る」、PAIは「揺り動かす」という意味になります。恋人同士の2人がロッキングチェアに座って、ユラユラ揺り動かしながら、語り合っている様子を想像しながら踊ると、楽しく踊れそうです。


色鮮やかなパウをまとって練習。私も次こそは…

余談ですが、このレッスンの後、メラニー先生から今回のフラ2で習う曲の入ったCDを買いました。翌週になってから、「先週習った曲、CDに入ってなかったわね、間違って他の曲を録音しちゃったわ。ハハハ」と明るいメアリー先生。思わずこちらも釣られて、「そんなことも、ありますよね」なんて苦笑するものの、憎めないメアリー先生なのでした。このレベルの高いフラ2クラスに付いて行けるかどうか? 少し、いやかなり不安な私ですが、気合を入れ直して頑張るつもりです。

(Minori)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, フラレッスン体験レポート
関連キーワード: フラ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ