ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アン先生のキルト日記」

第29回 読書? キルト?! の秋

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年09月08日

第29回 読書? キルト?! の秋


モンステラのバッグ

さて、いよいよ読書の季節になりますねえ。
今年の夏は本当に暑かったので、ハワイアンキルトどころではなかった方々が多いととは思いますが、この夏、何か完成したハワイアンキルトはありますか?

私が思うに、秋はキルトに最適の季節でもあります。秋の夜長をキルトをして過ごすか、読書をして過ごすか…決めかねてる方は、両方やって見てはいかがでしょうか?

しばらくハワイアンキルトから遠ざかっていた方には、まず楽しいキルトから再開してみましょう。ハワイアンキルトをやっているのに、家の中にしか作品がない。。それじゃちょっと寂しいでしょ? だったら、いつでも持って歩けるバッグを作ってみましょう!

エンジェルトランペットのバッグ

今回は例のわれわれのバイブルでもあるキャシー中島さんの「ハイアンキルト」の本から作ってみました。

モンステラはハワイにはよく見られる植物です。これには実際小さな穴がいくつも開いているのです。これがアップリケ、キルティングになると、なんと面倒なことか?! いらいらしてきます。が、そこは我慢。

持ち手がオリジナルに使用されてるバンブーが見つからなかったので、プラスティックを使ってみました。これがまた軽い感じでいいじゃないの? クリアな持ち手もあるので、次回はかわいいエンジェル・トランペットか何かのデザインにして、ピンクで作ってみようかな? なんて思っています。可愛い過ぎるって? このバッグは結構大きいので、たくさん物が入ります。まだまだ暑いから、私のお気に入りのスタバに宮本輝の本を持ち込んで、コーヒーを片手に、読んでみようかなあ。。すっごくリッチな気分になること間違いなし! 私はお紅茶が大好きなのですが、スタバの「キャラメル・マキアート」には凝っています。あれはハマりますよん。。

そしてお次は、ブックカバーを作ってみました。
これはロケラニのローズ。のつもり…。でも自分のデザインなので、ちょっとベルバラのバラ風になってしまった…。オフホワイトの下地はすぐに汚れてしまうかもしれませんねぇ。(写真の熊はただの熊じゃなくて、ビーニーベービーの日本限定版「さくら」です。これはアメリカのネット上では¥30,000の高値がついてるんですよ。ご存知でした?)

ちょっと電車に乗ったら、「あっ!? ハワイアンキルト!」って言われそう。。これはキルティングしなくても、ハワイアン柄の生地で作っても十分かわいいと思います。

今の私のマイブームは「アフタヌーン・ティー」。ハワイでも最近、お店が増えてきました。でも、自宅や、友達の家で、サンドイッチ、スコーン、デザート、チョコレート、マフィンなどを持ち寄って、アフタヌーン・ティーを楽しみながら、ハワイアンキルトの話をしたり、完成した作品を見せ合ったりするのも、とっても楽しいと思います。そのときには、やっぱり自分で作ったハワイアンキルトのバッグを持って集まりたいですね。

このオレンジと赤のむら染めのレッドジンジャーのバッグは数年前にキャシー中島さんの「サンプラーズ・キルト」という本を見て作った物です。また濃い赤茶と薄いピンクのむら染めのエンジェル・トランペットのバッグ(写真上から2番目)も同じ本を見て作ったものです。これはひもがかわいくて、今でもとてもお気に入りです。

秋の夜長を読書したり、ハワイアンキルトをしたり、お紅茶を楽しんだり…。
たくさんやることがあって、すっごく楽しみな秋になりそうですね。
(by アン)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, キルト日記
関連キーワード: キルト,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「アン先生のキルト日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ