ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「アン先生のキルト日記」

第55回 気持ちの良い癒しスポット

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2002年11月03日

第55回 気持ちの良い癒しスポット


クリスマス向けののランチョン・マット

●クリスマスにはランチョン・マット
常夏のハワイにも、少しずつ秋の気配が訪れています。とは言っても、やっぱりここはハワイ。日中はいつも通り、お日様がサンサンと降り注いでいますが… さて、ハロウィーンも終わり、今年も残すところサンクス・ギビングとクリスマスだけとなりましたね。今年のクリスマスには、「さて、何を作ろうか」と、もう今から考えています… うちは、こういう可愛いランチョン・マットを作ろうかと思っています(写真)。


クィーン・エマがお気に入りだったサマーパレス

今回は、オアフ島にある私の大好きな「気持ちの良い癒しスポット」をご紹介してしまいましょう。今までにも何回かご紹介したことがありますが、まずは私の大好きな「エマのサマーパレス」。これはカメハメハ4世のお后、クィーン・エマがお気に入りだった避暑地です。クィーン・エマの遺品であるコアウッドの素敵なベッドや4歳で亡くなった王子の遺品などが、パリ・ハイウェイのサマーパレスに飾ってあるのです。入り口に足を踏み入れたすぐ右のお部屋には、アンティーク・キルトが飾られています。ここは避暑地だっただけに、パリの山々からの涼しい風がフンワリと吹いてくるので、心が癒されます。本当に気持ちが良くなる場所なのです。そして、そこにある小さなショップでは、素敵なアンティーが笑顔で迎えてくれます。素敵なハワイアンキルト柄のマグカップ、タオル、イヤリング、ラッピング・ペーパーなどがたくさん詰まっています。キルト好きにはたまらない場所なのです。


白い砂にエメラルド・グリーンのラニカイビーチ

次は、パリ・ハイウェイをカネオヘ方面に走り、「カイルア」に行きましょう。その先には、私の大好きな「ラニカイ・ビーチ」があるのです。細かい白い砂にエメラルド・グリーンの海。まるでおとぎ話に出てくるような素敵な静かな海なのです。ここでは、いつ来ても心が洗われ、落ち着きます。この風景だけはどこの国にもありません。ハナウマ湾の群青色とは対照的に、ここの海の色はきれいなエメラルド・グリーンなのです。裸足になり、砂の上に直接座って、大地のエネルギーを感じてみましょう。地球規模で自分ことを考えられます。「こんなちっぽけな自分でも」って… 原点に戻った気分になれるところなのです。


マカハ・キルターズのアンティたちと千羽鶴

そして、「心が洗われる場所」と言えば、マカハ・キルターズのアンティーたち。先日、皆様に去年の同時多発テロ事件で作って頂いた千羽鶴のキルトたちに、キルト芯をつけてもらいました。これで日本とアメリカの人たちの千羽鶴が、ハワイの人たちによって出来上がっていく第一歩となりました。とても素敵なことだと思いませんか? マカハのアンティーたちには、心を癒してくれるパワーがあるのです。元気になりますよ。マカハ・キルターズのアンティーたちに、感謝です。

「私がどうして、こうやってハワイを愛しているのか」、「そして、ここにいるだけで癒されるのか」、「どうして、エネルギーをもらえるのか」。チャネラーのパティーさんに伺いました。そうすると、「ハワイ諸島は地球のハート・チャクラの1つということ」。ハート・チャクラとは地球の心臓部ですよね。心臓のツボかな? (直訳的かしら…)要は、一番大切な心臓の部分にあたるツボだったのです。その上、ハワイ諸島は火山でできている。そして、ハワイ島は今でも活火山。心に傷を負った人たちがハワイに来て癒されるのは、心の膿(うみ)を火山が体の外に出してくれるからなのです。人々は心の傷が癒え、また自分の場所へ帰って行くと言うのです。だから、私はここハワイから離れられない訳なのですね。「こうやって日々心が癒されているから、ここで生きているのだ」と実感したこの頃です。皆さん、どうぞハワイへ癒されに来て下さいね。

(by アン)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, キルト日記
関連キーワード: キルト,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「アン先生のキルト日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ