ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アン先生のキルト日記」

第64回 素敵なヘリコニア

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2003年08月02日

第64回 素敵なヘリコニア


師匠にいただいたヘリコニア・キルト

●目に見えない糸で繋がる人と人
毎日、暑いですね。キルトの季節には、ちょっと辛い時期でしょうか。先日、私のキルトの師匠に、素敵なヘリコニアのキルトを分けていただきました。色も私の大好きなブルーの濃淡。これはフルサイズのベッドカバーになりますが、さすが大先生。お庭に咲いていたヘリコニアをちょんと切って、キルトのデザインにしてしまったのです。素晴らしいデザインなので、私はあっけにとられてしまいました。アップリケ大好きな私はずっと我慢して、「他のキルティングが終わってから、終わってから」と思ってはいますが、「今すぐにでも始めたい」気持ちでいっぱいなのです。


マカハキルターズに里子に出している鶴たち

ふとしたことから、お友達のバレリーの亡くなったおばあちゃんの、作りかけのハワイアンキルトに触れ合うことができました。それもアンティーデビーのデザインのハイビスカス。黄色に朱色の素敵なベビーキルトなのです。アップリケはすべて終わっているのですが、キルティングがまだ。おばあちゃんが亡くなってから早3年が経つそうですが、これは「私に、バレリーを手伝って仕上げてちょうだい」って、天国のおばあちゃんが言っているように私には思えるのです。これって、すごく不思議な縁だと思いませんか? 「目に見えない糸で、どこかで私たちは繋がっているんじゃないか」って、思ってしまうのは私だけかしら?

そして、その後の「鶴たち」のご報告です。マカハキルターズの大先生たちが、ずっと鶴を世話してくれているのです。「キルトハワイ2003」が終わってから、ずっとマカハに里子に出しています。毎週火曜日にたくさんの方々の手により、キルティングが確実に進んでいるのです。お世話番のフェイは家に持って帰り、ちくちくとキルティングしていた様子。私も参加したいのですが、今ずっとアメリカ本土にいるので、なかなかお手伝いできなくて申し訳ありません。ハワイに戻ったら是非、ご対面です 夏休みにハワイに来られる予定がある方は、あと2週間ほど毎週火曜日午前9時から正午まで、マカハバレーのマカハイーストのゴルフクラブで展示され、キルティングできるようになっています。興味のある方は是非、遊びに行ってみてくださいね。この1ヶ月間でも、日本からハワイに遊びに来らた方々の中に、わざわざマカハまで鶴に会いに行ってくださった方も多いようです。その方々の案内を、自らしてくださっているのが美恵子さんご夫婦、「感謝、感謝」でいっぱいです。


娘の力作、ヘンプのアンクレット

アメリカ本土で夏休みを過ごしている私は、娘の手先が器用なことに気づいたのです。彼女は今、ヘンプで作るアクセサリーに凝っています。ヘンプとは麻のひもで、それを巧みに編み、ビーズなどを中に埋め込んでいき、ブレスレットやチョーカーなどを作ります。これだと移動中も車の中などで、簡単に作れるようです。私も一つアンクレットを作ってもらいました。大切な宝物の一つになっています。

今年の夏はどこもかしこも暑いようですが、もう少し頑張って乗り越えましょう 暑い時はちょっとキルティングを休み、アップリケ専門っていうのはいかがでしょうか? 私はやっぱりアップリケ派かな? 皆さんはアップリケ派? それともキルティング派?

(by アン)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, キルト日記
関連キーワード: キルト,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「アン先生のキルト日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ