ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「ウクレレを始めよう」

第07回 オールディーズを弾こうの巻

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年08月10日

第7回 オールディーズを弾こうの巻

ALOHA、1ヶ月のご無沙汰です!皆様お元気でしたか? ウクレレ娘です。
前回に引き続き、今回も技術的な話をしたいと思います。Chord Progression(連続コード)と言うものがありまして、これがまあメチャクチャ使えるのですよ。例えばKey Cで言いますと、最初がC、次がAm、で Fにいって、最後がG7。この4つのコードを順番に延々くり返す事をChord Progression と言うのです。簡単なコードばかりでしょう? 早速弾いてみましょうね。えーとC、ジャーン、次はAm、と。なんだか少し淋しげで、でも懐かしい感じの響きがしませんか? ではKey CのChord Progression を使った曲を弾いてみましょう。ポール・アンカの『ダイアナ』です。さあCからスタート!

Diana
(カッコ内はKey Fのコードです)
イントロ: C, Am, F, G7(F, Dm, B♭, C7)

C (F)      Am (Dm)
I’m so young and you’re so old
F (B♭)     G7 (C7)
This my daring I’ve been told
C (F)       Am (Dm)
I don’t care just what they say
F (B♭)   G7 (C7)
But forever I will stay
C (F)    Am (Dm)
You and I will be as free
F (B♭)    G7 (C7)
As the bird up in the tree
C(F)Am(Dm)F(B♭)G7(C7)
Oh, please stay by me
C (F)
Diana

どうですか? 上手く弾けましたか?最後だけ、少々コードの展開が早いですが、それ以外はとっても簡単でしょう?リズムはご自由に。私は、ゆっくりポローンポローン(↓↓)と弾くと、ハワイっぽくて好きなんですよ。ジャッジャジャージャジャン(↓↓↑↑↓)♪って感じでリズムを弾きながら、力強く弾くのもまたステキ。

Key Cが上手く弾けたら、Modulate(転調)してみましょう。最初はKey Cで、2回目はKey F、でまた最後にKey Cで弾いてみましょう。Key FではCがF、AmがDm、FがB♭に、そしてG7がC7に代わります。曲に変化が出て、上手く聞えるから不思議ですよね。ただKey Fでは、B♭を使わなければ行けないんですよね。あー難しい、このコード。きちんと押えないと、モケッとした、濁った音になってしまうんですもの。B♭を綺麗に出すコツは、実は左手の親指の位置にあるのです。。親指をフレットの後ろにぐっと伸ばして安定させる事がミソ、あとは練習あるのみです。わたしもがんばらなくては!
さて、と、ダイアナですっかりオールディーズ気分にひたった後は、同じく懐かしの名曲、『Under The Boardwalk(アンダー ザ ボードウォーク)』を弾いてみましょうか。リズムはジャッジャジャージャジャン(↓↓↑↑↓)♪って感じでどうでしょう?
じゃあFからスタート!

Under The Boardwalk
(カッコ内はKey C、コーラス部分は転調なし)
イントロ: F, C7, F, C7, (C, G7, C, G7)


C7 (G7) F (C)               C7 (G7)
1. When the sun beats down and melt the tar up on the roof
F(C)   F7 (C7)                      
And your shoes got so hot, you wish your tired feet were fireproof
B♭(F)            F (C)
Under the boardwalk, down by the sea
C7 (G7)     F(C)  C7 (G7) ※C7
On a blanket with my baby’s where I ‘ll be.
F (C)                  C7 (G7)
2. From the park you hear the happy sounds of a carousel,
CF(C)   F7 (C7)                     
And you can almost taste the hot dogs and french fries they sell
B♭(F)       F (C)      
Under the boardwalk, down by the sea
C7 (G7)             F(C)
On a blanket with my baby’s where I ‘ll be
(コーラス)  Dm                    
Under the boardwalk, out of the sun
C7                  
Under the boardwalk, we’ll be having some fun
Dm                
Under the boardwalk, people walking above
C7                
Under the boardwalk, we’ll be falling in love
Dm             C7      
Under the boardwalk, boardwalk (繰り返し)..

弾く順番としては、まず通しで最後までKey Fで行きます。でコーラス部分が終わったら今度は頭からKey Cで弾きましょう。Key Cで1番の最後のところに来たら、G7のあとにC7を挟み込みます(※印参照)。このC7がブリッジコードとなって、自然にKey Fに移行する事ができるのです。で、2番はKey Fで弾いて、2番の最後でエンディング、と。わかっていただけましたか?転調はちょっと複雑だけど、一部挟み込むだけで、随分曲に奥行きがでて、こいつできるな! って感じになるので、是非つかってみてくださいね。それにしても2曲ともなんとのんびり、ラブラブな歌詞なんでしょうね。今こちらは試験前で、徹夜中なのだ! うらやましいぞー、もうっ! (ふて寝)。
(ウクレレ娘)

この記事が属するカテゴリー: ウクレレ, カルチャー
関連キーワード: ウクレレ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ウクレレを始めよう」


現地最新情報トップ5


前後の記事