ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「子連れママの留学生活」

2001-07-21 旅行者に変貌ウィーク

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年07月21日

旅行者に変貌ウィーク

7月14日(金)夜、アラモアナへ
今日はアラモアナへ行って、ワーナーでよしのTシャツを買い込む。子供の衣類や下着、バックパックなど質が良いのでけっこう好き。早いとこ航空券をゲットしてDFSにも行こうっと。最近行動半径が思いっきり旅行者しているワ。

7月15日(土)レインボー学園&空手

幼い頃読んだ「フランダースの犬」のふるさとだというアントワープの古い教会。身震いするほどの感動が忘れらない!

空手の先生の世間話の相手につかまってしまった。しかし今日の話題は「ヨーロッパの歴史」。おーおー、中世ヨーロッパの歴史ねぇ…けっこう好きなんだよなぁ、そういう話題。…というわけでけっこう盛り上がり、ヨーロッパのことをいろいろ思い出してしまった。私は世界の歴史や文化巡りが大好き。私が子連れ留学にハワイを選んだのは、ハワイが好きだからではなく、子連れ留学にはハワイしか思い浮かばなかったからなのだ (この点に関してはよく質問を受けますが…詳しくはこちらからの4回シリーズ「ザ・子連れ留学ストーリー」を参照してください)。早く学校終わらせて、そろそろどこへでも行けるよしを連れて世界を巡りたいものである(ダンナはどうしよう?きゃはは)。

7月16日(日)ドール・パイナップル・プランテーション
最近お気に入りのパイナップルを訪ね、あの巨大迷路がある「ドールプランテーション」へ。長さ約3キロという迷路には6箇所のチェックポイントがあり、簡単過ぎず程良い難しさでよしと一緒に楽しめた。日本から旅行らしき方々もたくさんいて、皆さん目の付け所がいいなと感心。マイナーな観光スポットかもしれないが、ホノルル周辺では味わえないハワイの伝統産業に楽しく触れることが出来る。私なんて旅行で来ていた頃はまったく知らなかったもの。お勉強不足でした。
ドール・パイナップル・プランテーション
電話:621ー8408
営業時間:午前9時から午後6時(迷路は午後5時)
迷路入場料:大人5ドル、子供(4〜12才)3ドル、迷路以外は無料
バス:アラモアナから52番バス
ホームページ:www.doleplantation.com

帰りにやっぱりワイケレに寄ってしまった。でも今日は疲れたのでお目当てのナインウェストだけのぞく。サンダル3足購入。ここのはしっかりした造りで手頃な値段なのでハワイに来て以来ずっと愛用している。アラモアナのショップよりずっと種類が豊富。同じ品物が安く出ていることもあるのでアラモアナで買う前にワイケレを必ずチェック。

7月17日(月)資生堂の化粧品が欲しい
あと2週間ほどで帰国だというのに、資生堂の洗顔フォームがなくなってしまった。どうしても2週間は待てない。そこで資生堂UVホワイトが買える店へいくことにする。ハワイで手に入る資生堂の化粧品はアメリカ向け生産のものが多い。しかしUVホワイトの場合、日本と同じシリーズがある。値段はちょっと高め。トクに日本では色々なところで安く手に入るから…。日本で買うと2000円ほどの洗顔フォームが27ドル。悔しいけど、仕方なし。

いつも待っている人がいっぱいの伊万里で弁当を買った。電話でオーダーしておかなかったので30分以上待たされる。アラモアナ近くで美味しい弁当を買いたいときは伊万里に電話でオーダーして、帰りにピックアップするのがベスト。
伊万里(和風弁当)
住所:661 ケアモク・ストリート 102
電話:941ー8866
営業時間:午前10時から午後8時半(平日)、週末は午後9時まで

今週の登場人物

よし- 5歳のオトコの子。ハワイと日本どっちが好き?「両方」。パパとお母さんどっちが好き?「両方」。子供のくせに返事がダンナにそっくりでイヤだ。世渡り上手とも言うかねー。

子連れママのプロフィール
オーストラリア、シドニーにてバーベキュー。女ばかりで色気なし、食い気と共に迎えたクリスマス・イブ。

日本で短大を卒業後、航空会社勤務。1997年8月三十路になった年、1歳11ヶ月になる子供の手を引いてハワイへやってきた。それ以来ハワイ大学の学生として、学期中(8月〜12月、1月〜5月)は主婦業をお休み(旦那は東京在住)、ママ業は手抜きで学業に励む毎日。全くのメカオンチであったがICS101という初めのコースをとってコンピューターに目覚め、それ以来ICS(インフォメーション・アンド・コンピューター・サイエンス)の学生としてプログラミングとグラフィック・デザインを学ぶ。将来は妻として母としてを優先しながらもプロフェッショナル・ワーキング・マザーでいたいと年甲斐もなく野望を抱いている。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「子連れママの留学生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事