ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アロハ歳時記」

第06回 9月 アロハで始まりアロハで終わる

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2004年09月21日

第6回 9月 アロハで始まりアロハで終わる


こんな大きいハンバーガーです。パクリ!!

●ハワイっ子としてのプライド
華やかなフローラル・パレードで幕開けした「アロハ・ウィーク」。豪華な衣装をまとったハワイアン・プリンスやプリンセスが騎乗して進む様子は、昔のハワイ王国を彷彿とさせ、いつ見てもワクワクと楽しいイベントです。「朝早めに繰り出してパーキング」「パーキングから移動し、観戦スポットをゲット」という大きな課題(特に、子連れにとっては移動がツライ)が立ちはだかりますが、そこで奮闘する価値は十二分にあるのがこのパレードなのです。子供たちは、こうしたハワイのイベントを通じて、ハワイっ子としてのプライドを身につけていくような気がします。


ブースの前をそぞろ歩き

今回はちょっと趣向を変え(パレード全般については、6月のカメハメハ・パレードを参照)、アロハ・ウィークの一環としてパレードの翌週にワイキキで行われた「ホオラウレア」をレポートしてみます。「ホオラウレア」なんて、何だか舌を噛みそうな名前で、最近やっと言えるようになったんですが(笑)、一言でいうと「ブロック・パーティー」のこと。いつもは交通量の激しいカラカウア通りを歩行者天国にし、屋台や特設ステージでのライブ・ミュージック(もちろんハワイアン)を楽しむイベントです。長女のお友達も子供フラで踊るらしいし、思いきって子連れで行ってきました


カラフルなレイスタンドは一番人気

パーキングがネック!?
当日、まず作戦を練ったのがパーキング。イベントは好きだけど、パーキングがいつもネックとなる我が家。中でも、カピオラニ公園界隈でのイベント時にパーキングを見つけるのは至難の技なので、今回はネット検索で見つけたイベントパーキングを利用する予定でした。が、パパからの電話で急きょ作戦変更。「ワイキキはカラカウア通りの通行止めの影響で、帰りが無茶苦茶混むらしい。カピオラニ公園の外郭を攻めた方がいい」とのこと。ホオラウレアは午後7時から開催なのに「一刻も早く、ワイキキに行くぞ」と、混雑が苦手のパパは早くも焦り そんなこんなで、夕方5時45分頃にはカピオラニ公園に突入。確かに外郭側にはまだ駐車スペースはある。でも、「こんなの子連れで歩けるか〜」と叫ぶ程、カラカウア通りからは遠いのです。近場はさすがに全滅で、あきらめモードでホノルル動物園の前あたりをゆるゆる走っていると、目前に路上パーキングのスポットから急発進してくる車が… 「やった〜!!」。ラッキーにも、ワイキキに最短距離の位置にパーキングできたのでした。


ドルフィン・ネックレスとハイポーズ!

財布のヒモがついつい緩む
幸先の良いスタートにムードは高まります。子供たちは午後7時からオープンの屋台まで待てないため、オープン間もない「テディーズ・ビガー・バーガー」でハンバーガーの軽食を取りました(注:オリジナルソースがおいしいグルメバーガーで有名なこのテディーズは最近、ダイアモンドヘッドに近いモンサラット通りの本店を閉め、カパフル通りにあるワイキキ・グランドホテルの1階に移転。外観は地味ですが、味はオススメ)。腹ごしらえも十分なところで、カラカウア通りの散策開始。すでに通りは車両通行止めになっているため、人でごった返しています。屋台はフードブースがほとんどで、有名レストランが出店しているブースには既に長蛇の列。すご〜くおいしそうだけど、やっぱりちょっと子連れには待つのがつらい。「テディーズで食べといて良かった〜!」。でも、デザートや飲み物のブースは回転も速く、比較的すいていました。レイやクラフトのブースも大人気でしたが、そんな中で子供たちが吸いこまれたのが、ピカピカ光る電光グッズのブース。闇の中でピカピカ点滅するドルフィンのネックレスをゲットして大満足。普段は固いママの財布のヒモも、ついつい緩んじゃうんですよね〜(笑)。


フラは舞台の華。多くの人にこれ以上は近づけません

待望の午後7時ちょうどに、ホラ貝の音とともに、ロイヤルコートがシェラトン・モアナ・サーフライダー・ホテル前の特設ステージに上がりました。「こっち、こっち〜。音が聞こえるよ〜。」と子供たちの先導で、混み合ったステージ前に進みます。正装したロイヤルコートのハワイアン・チャントに全員が聞きほれています。ハワイアンには癒しのパワーがあると言われますが、チャントやカヒコ(古典フラ)を見聞きするたびに、それを実感。ハワイを訪れた人には是非、体感して頂きたいものです


滑らずにはいられないのが子供なのです

この後は、ハワイアンバンドやフラのパフォーマンスが各ステージで繰り広げられました。日本からのハラウも参加していましたよ ワイキキ中の人が通りに溢れたとしか言いようのない人込みでしたが(そりゃ、これだけ騒がしけりゃ部屋には居れないって!?)、通りをはさんだワイキキビーチでは静寂な波の音がするし、夜空にはきれいな三日月がひっそりと椰子の木の間から顔をみせていて、ビーチ側でくつろいでいる人もたくさんいます。8時にはヒルトン・ハワイアン・ビレッジの打ち上げ花火も観賞できました。子供コーナーにあるメリーゴーラウンドやビニール製の巨大すべり台に案の定引っかかり、ひと遊びさせる羽目になったりはしましたが、久々に夜のイベントを子連れで楽しめ、親子とも大満足 これからも、ちょくちょく出かけてみよ〜っと

プロフィール 毎回更新
パパ:長女の通う公立小学校のPTA活動の一環で「地域協議会」なるものに参加し始めました。成り行きでメンバーになったものの、行ってみて地域や学校の深〜い実情を知りビックリ。先週末には学校主催の「チキンセール」のボランティア。多忙です。

わたし:上に同じく、成り行きで「クラスママ」として父兄の学級委員なるものに就任。おまけに「国語と算数のヘルプ」も週1回開始。ホントに「怪しい日本人の私でいいのか〜?」って思いつつも活動開始。これは連載に値する体験かも!?

ステフ:せっかくレイヤー・カットにしてオシャレにしてあげたのに、毎日グチャグチャのポニーテール(泣)。今度は、近所のお姉ちゃんのマネで、ジェル付きの「テカテカ・キリキリ・ポニーテール」に移行(笑)。個性を尊重ってことで、母は何も言えません。

クリス:プリスクール・デビューして約1カ月。どうやら学校生活にも順応。頭に砂がこびりつくまで、砂場にこもる毎日です。クラスメートの男の子とつるんでブイブイ言わせているらしいこの人は、どこまでも「我が道を往く」マイペース人間。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*