ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

卒業記念! 超私的B級グルメ・グランプリ – B級グルメ 特集

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2003年12月01日

静かなブームを呼んでいるB級グルメ情報 安くて美味しくて、ちょっとディープな秘密のお店を紹介します。誰も知らない怪しいお店やロコで賑わうお店にチャレンジしてみませんか? 独断と偏見で選んだ美味しさは超A級、でも、お値段はB級の素敵なお店をハワイ大食いクラブ(知る人ぞ知るハワイ大学一熱心なサークル)メンバーの私がご案内いたします

卒業記念 超私的B級グルメ・グランプリ


2003年の「新人賞」はチューリップのランチョン・ミート

いや〜、早いもので、もう間もなく、2004年ですね 私がハワイに来たのが1999年の12月。それから4年。めでたく今月21日に、無事、ハワイ大学を卒業することになりました。卒業後は、しばらく働き、その後、また勉強を続ける予定ですので、まだまだハワイに残ることになりそうです。これからも、よろしくお願いしま〜す ってことで、今回は大食いクラブ部長A子卒業記念「超私的B級グルメ・グランプリ」を選んでみたいと思います。パチパチパチパチ♪


「コストパフォーマンス賞」にはアンダギーを選出

ローカルフード大好き
私にとってB級グルメとは、私の愛するハワイのローカルカルチャーそのものなのです。でも、「ハワイの食べ物は、量ばかり多くて美味しくない」「大雑把で繊細さにかける」「何でも日本の物の方が美味しいよね〜」などなど、ハワイ在住日本人や観光客の人たちの、ローカルフードに対するネガティブな意見を聞くたびに、「ちょっと待った」と鼻息も荒く憤慨してまいりました。「だって、ローカルフードと日本の食べ物をただ比べて、味がどうのこうのって、寂しいじゃないですか」。日本の基準から考えれば、ハワイのスパゲッティは茹ですぎだろうし、お肉も硬いかもしれない、盛りつけも雑だろうし、いかにも太りそうな物ばかりかも… でもね、「それがハワイなんですよ」。気取らないハワイのローカルカルチャーの一部として、その違いを楽しんだ方が、ず〜っと良いと思いませんか? それに、ガイドブックではあまり見ることのない、地元の人が普通に食べるお店には、本当に美味しい物がたくさんあるんです。そういうお店や食べ物をひそかに紹介するのが、大食いクラブの使命(大げさかな)なんですってことで、ローカルフードへの愛を熱く語ったあとは、各賞の発表です(ここでドラムロールよろしく)。

新人賞 今年の新人賞は、大先輩の「スパム」に堂々と戦いを挑み、今のところ善戦中の「チューリップ」(2003年9月取材)の頭上に輝きました。ベーコンの香ばしい風味がなかなか美味しいチューリップ。最近は随分、いろんなスーパーで見かけるようになりました。これからも頑張れ〜
ローカル賞 庶民的な魅力溢れる「ローカル賞」です。激しい競り合いの結果、ローカルカルチャーになくてはならない「ポットラック」(2003年10月取材)が受賞しました。今年だけでも軽く20回はポットラックに参加した、大のポットラック好きの私。13×9インチのアルミトレイには、本当お世話になりました。
コストパフォーマンス賞 日本人離れした胃袋の持ち主、大食いクラブ員たちが愛してやまないチープグルメ。次は「コストパフォーマンス賞」の発表です。今回受賞したのは、1つ食べれば大満足の「アンダギー」(2003年8月取材)に決定ポクポク美味しいアンダギーはオキナワンのママの味
フォトジェニック賞 B級というにはあまりにもオシャレ過ぎる、そうそんなあなたには「フォトジェニック賞」をプレゼント。「FORMAGGIO」(2003年6月取材)、老舗のワインショップ「FUJIOKA」が経営するワインバーです。大人のムード漂うお洒落な店内や本格的なチーズの盛り合わせなど、フードの充実もさることながら、何と言ってもお店全体に漂う、ワインに対する溢れんばかりの愛 がたまらなく素敵なお店なのです。
コンビニエンス賞 旅行者の皆様の強い味方「コンビニエンス賞」は、ワイキキで気軽に楽しめるB級グルメに贈られます。今年の受賞は「いやす夢」(2003年4月取材)。本格田牧米を使ったツヤツヤのご飯が美味しい、素敵なおむすび屋さんです。ビーチやピクニックのお供にどうぞ!!
甘味賞 私をはじめに、ハワイ中の甘党の心をがっちりつかむ、素晴らしいスイーツに贈られるのが「甘味賞」。今回は「リケリケ・ドライブインのレモンパイ」(2003年7月取材)が受賞しました。ダイナミックな外観とは裏腹に、あくまでも繊細な口当たりが大好評のレモンパイ。読者の方に紹介して頂いたのですが、今では私の定番になりました。
まじめ賞 期待を裏切らない仕事が信頼を生む「まじめ賞」。派手さはないものの、心癒される定食屋さん「ひでちゃん」(2003年2月取材)が受賞しました。大きな鯖の塩焼きやゴーヤの天ぷら、オックステール・スープなど、しみじみと美味しいものばかりなのです。
リラックス賞 お店選びに重要なのは、味は勿論のこと、ホッと落ち着く雰囲気じゃないでしょうか。ってことで「リラックス賞」です。ローカルのグループが、心からリラックスして食事を楽しんでいる店、フレンドリーなお店の人々に癒される店、数あるそんなお店の中でも一番リラックスできるのは、私の愛してやまない「ジッピーズ」(2002年12月取材)です。デートの締めくくりだって、必ずジッピーズ ボックス席にスッポリはまって、あれこれお喋りするのが何より楽しいひとときなのです。NEXT STOP ZIPPY’S



栄えある「グランプリ」に輝いたのは「ジッピーズ」

さて、各賞出揃ったところで、この中から「B級グランプリ」が選ばれます(またまた、ドラムロールよろしく〜)。ライトが左右に揺れる中、栄えある「B級グランプリ」に選ばれたのは… ジャーン「ジッピーズ」です ハワイの人々の、そして私の心をガッチリつかんで放さないジッピーズ。私は、今年何回お世話になったことか。お代わり自由の薄〜いコーヒーを何倍も飲みながら、あれこれしゃべっているだけで、気づけば夜中の2時になっていたことも。24時間オープンの便利さに加え、ローカル好みのメニューの数々に、リラックスできる雰囲気、フレンドリーなお店の人々… ハワイのローカルカルチャーの真髄が凝縮されたお店なのです。日本人好みの味ではないかもしれませんが、私にとっては永遠のお店。これからもずーっと、お世話になりま〜す。

(2003年12月取材)

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, B級グルメの特集
関連キーワード: 大食い,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ