ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局

ザ・ビストロ フレンチ・レストラン

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2004年03月01日


おいしくて、雰囲気も最高なレストランでの食事は、ハワイ旅行の最大の楽しみの一つですよね? でも、お店のチョイスは大いに迷うところ。そこで、このグルメ・レストラン情報では、ハワイで最も権威のあるレストラン・アワード、ホノルル・マガジン主催のハレアイナ賞2004に選ばれた名店をご紹介しています。安くて、おいしくて、ちょっとディープな「B級グルメ情報」は、右側のコラムからお楽しみ頂けます。皆さんの「おいしい旅」の思い出が、より素晴しいものになりますように!

ザ・ビストロ

The Bistro
(ザ・ビストロは、2007年4月に閉店いたしました。)
●正統派フランス料理レストラン

新鮮なシーフードを使った日替わりメニューの「De La Mer」(時価、取材当日はサーモン$29)

2004ハレアイナで、見事ベスト・ニューレストランに輝いた「ザ・ビストロ」。昨年オープンしたレストランの中で、早くもハワイのグルメたちから実力を認められた期待の新星を、今回はご紹介しましょう。ワイキキのメインストリート、カラカウア通りを西に向かい、アラワイ運河にかかる橋の辺りまでくると、前方に全面ガラス張りの超高層ビルが見えてきます。ザ・ビストロは、運河の手前からでも一際目立つこのハイライズのタワー、センチュリーセンターの中に昨年8月オープンしました。ワイキキからも歩けて行けるロケーションで、やはりアラワイ運河の山側はワイキキとはかなり違った雰囲気。橋を渡り、ハードロック・カフェを過ぎると、そぞろ歩く旅行者の姿も少なく、華やかなカラカウア通りも車だけが行き交う普通の道路になってしまいます。

「本当に、こんなところに素敵なレストランがあるの?」、という感じですが、でも、ご心配なく。エレベーターを3階で降り、店内に入れば、そこにはもう別世界のようなゴージャスな空間が広がっています。高級ホテルのメインダイニングに、一歩もひけをとらない、クラシックなインテリアが印象的な素晴らしいレストランが、訪れたゲストを迎えてくれます。

ロマンチックな雰囲気に包まれて食事を味わえます

ファインダイニングであっても、オープンエアの比較的カジュアルな店が多いハワイにあって、ここは明らかに趣を異にしています。すべての壁には、オーナーのコレクションである数十枚の絵画が飾られ(絵画は随時入れ替えているそうです)、エントランス正面に置かれたグランド・ピアノや豪華な調度類とともに、この店のクラス感を感じさせてくれます。「正統派フランス料理レストラン」としてオープンした「ザ・ビストロ」は、メニューもインテリアもサービスも、すべてにおいてクラシックでエレガント。ブルーオーシャンやサンセットといった、ハワイならではのナイスビューはありませんが、それを補ってなお余り有る洗練されたダイニングには、オーナー夫妻のこだわりや思い入れがいっぱい詰められているのです。

クラシックレシピで作られる「Steak Tartare」($12)。生のテンダーロインビーフを伝統的シーズニングで頂くシグニチャーメニュー

パシフィックリム・キュイジーヌが全盛期を迎えるなか、あえてオーセンティック・フレンチにこだわる訳は?」との問いかけに、オーナー夫人は「それを求める人達がいるからよ」と、実にシンプルな答えを返してくれました。気軽に出かけられるレストランも必要だけれど、「時には思いきりドレスアップして、優雅な雰囲気の中でとびっきりお洒落なディナータイムを楽しみたい」と思う人達は、ここハワイにだって、決して少なく無いと言う訳ですね。そんなシチュエーションに一番相応しい料理は、やはりフレンチ。ザ・ビストロのメニューには、時代を超えて受け継がれてきた正統派フランス料理が並びます。伝統的レシピの「Steak Tartare」やテーブルサイドでのブランデー・フランベの後でサーブされる「Steak Diane」、アペタイザーに並んだエスカルゴ、フォアグラ、キャビアなど、吟味された素材から作り出される本格派メニューを、どうぞゆっくりと味わってみてください。

甘さ控えめの「ティラミス」($8)など、上品なデザートも様々

世界中を旅して回ったオーナー夫妻自らが、「こんな雰囲気のレストランで、こんな料理が楽しめれば…」という願いを込めてオープンさせた「ザ・ビストロ」。ハワイのダイニング界に異彩を放つクラシカルなファイン・ダイニングは、地元のグルメたちから早くも盛大な拍手を持って迎えられたようです。毎晩、優雅なピアノ演奏も行われるので、是非、一度、ここの本格フレンチを存分に味わってみてくださいね。

(2004年3月取材)



カラカウア通りを西に向かい、カピオラニ通りとの交差点を渡りすぐ右側にあるセンチュリーセンター(写真上)の3階。ガラス張りの高層タワーが目印

住所: 1750 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96826 センチュリーセンター3階
アクセス: ワイキキ中心から車で10分以内。ザ・バスは2、13番利用センチュリーセンター前下車
駐車場: 有(バレーパーキング)
電話番号: (808)943-6500
営業時間: ランチ11:00〜14:00(月〜金),ディナー17:30〜22:00(火〜日)
休業日: 土・日のランチ、月曜日のディナーは休み
予約: 要予約
クレジットカード: VISA,MC,JCB,AMEX,DINERS
1人分の予算 $50〜 (チップの平均は合計金額の18%〜25%)
お店の雰囲気 ちょっとお洒落
ドレスコード 短パン、Tシャツ、ジーンズ、タンクトップ、ゴム草履はNG
こんな場合もOK 赤ちゃんOK、小さな子供(3歳前後)、ご両親も納得、30名程度までのパーティOK(個室あり)
コースメニュー: 有(ディナー$70〜)
日本語メニュー
バースデーサービス: 予約時にリクエストすれば、特製バースデーケーキを用意(有料)

この記事が属するカテゴリー: フランス料理, レストラン
関連キーワード: ホノルル,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*