ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

知らないと損!極上レストラン2軒の「お得な時間」

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年05月17日

How to enjoy two high-end restaurants at International Market Place reasonably

ワイキキには美味しいレストランがたくさんあって、どこで食べるか選ぶのに毎回迷ってしまいますよね。しかし、滞在中の食事代は知らないうちにかさんでしまうもの。できれば美味しい食事をリーズナブルな値段で食べたいのが人情というものです。

そこで今回は、Myハワイ編集部がワイキキ中心部に位置する「インターナショナルマーケットプレイス」の一流レストラン2軒に潜入。知っていると得する「実はかなりお得な」時間帯を徹底調査してきました! 

ヤウアチャ(Yauatcha)

インターナショナルマーケット3階「グランド・ラナイ」にあるのが、2017年2月にオープンし、本格派の中華点心(Dim Sum、ディムサム)が終日楽しめる飲茶専門店「ヤウアチャ」。

2004年にロンドンのソーホーに1号店をオープンし、高評価を獲得。開店後1年も経たないうちに、ミシュランの1つ星を獲得したという実力派レストランです。

広い店内はコンテンポラリー&シンプルなインテリアでまとめてあります。オープンエアーでとても気持ちのいい空間の中、極上の食体験ができます。

ヤウアチャでおすすめしたいメニューは数あれど、今回はかなりお得なランチメニューにスポットライトを当ててみました。

この通り、シンプルかつスタイリッシュな器とプレゼンテーション。鮮やかな色彩でビジュアルから楽しませてくれるのはさすが超一流のレストランだけあります。

さて、気になるお値段のほうはとってもリーズナブル。なんと、ミシュランレストランでこのランチメニューが1人分たったの$22で食べられるのです!

デザートを含む4品で構成されたこちらのランチメニューは毎日午前11時から午後1時まで2時間の限定版。見逃さずにこの時間帯に訪れてくださいね!

ではメニューの上から食べてみましょう。まずはサラダから。

「マリズ・ガーデン(Mari’s Garden)」の「フィールド・グリーンズ(Field Greens)」と名づけられたこちらのサラダ、ちょっと見慣れない野菜が入っていますが、これはピーテンドリル(スナックエンドウの新芽)、ワケギ、シソにザクロ、グレープトマト、パインナッツ(松の実)。とてもヘルシーな一品です。

食材の1つ1つが計算され尽した美しいプレゼンテーションはさすがで食欲をそそります。ドレッシングは別にありますが、点心用についてくる中華ソースをかけても美味!

さて、お次はこちら「焼き点心/揚げ点心」。

左が「ベニソン(鹿肉)パイ(Venison Puff)」。サクッとしたパン生地の中に中華風に味付けがされた鹿肉が入っています。鹿肉、と聞くとどんな味か疑問に思う方もいるかと思いますが、味にくせはなく美味しくいただきました。右は「ローストダックと南瓜のパイ(Roast Duck Pumpkin Puff)」。かぼちゃの甘味がローストダックとぴったりマッチしてほっぺが落ちそう。どちらもデザート感覚で食べられる人気の一皿です。

お次はこちらの「蒸し点心」。

上が「豚肉とエビのシュウマイ(Pork and Prawn Shu Mai)」。名前の通り、ひと口サイズのシュウマイの中に豚肉とエビがたっぷり詰まっています。1個といわずもう1個食べたくなります(笑)。

その右はおなじみ「エビ餃子(Har Gau)」。もちもちした衣の中にプリプリのエビが入っていて思わず絶句…! 下は「花ニラ餃子(Chinese Chive Flower Dumpling)」。花を模した可愛い餃子の中にニラが入っている一品です。どれも美味しくいただきました! 

どの料理も味の良さはもちろん、ディテールまでこだわった芸術的ともいえる美しいプレゼンテーションにうっとりするほど。さすがはミシュランレストランですね。

食事の後にはこちらのマカロンをどうぞ。1人分に1袋(2個入り)が付いてきます。きれいなパッケージに入っているので、ギフトにしても素敵ですね。ヤウアチャは点心料理だけでなく、スイーツでも有名なのです。お持ち帰り用として箱入りで購入することも可能ですよ!

ヤウアチャではお店の雰囲気、サービスの質、料理の味とプレゼンテーション、どれをとっても大満足なランチ体験ができました!

ヘリンボーン(Herringbone)

次にご紹介したいのは、ヤウアチャと同じ3階グランド・ラナイにあるカリフォルニア発のレストラン「ヘリンボーン」です。こちらは「オーシャン・トゥ・テーブル(Ocean to Table)」というコンセプトを持ち、海、山、畑、牧場などからの地産食材を多用する自然派のレストランです。

魚のアートが目印のこのレストラン、ハワイ店は昨年8月にオープンしたばかりですが、外観とインテリアのユニークさとお洒落さですでに巷では有名な存在に。抜群にフォトジェニックなインテリアと料理が、今インスタグラマーにすごい評判だそうです! またロマンチックなデートスポットとしても大人気とのこと。

中に入ると、レンガや木、そして鬱蒼と茂った植物をふんだんに使うシンプル&ラスティックな空間で「わあ、素敵…!」と思わず見とれてしまいました。ナチュラルなインテリアと天井から下がるランプが、カリフォルニアのビーチタウンの雰囲気を醸し出しています。確かに、こんなに素敵なレストランならロマンチックなシチュエーションが演出できそうですよね。

アメリカでは多くのレストランに通常ディナー前の数時間、価格がディスカウントされる「ハッピーアワー」があります。ここヘリンボーンのハッピーアワーは毎日午後4~6時で、「オイスターアワー(Oyster Hour)」と呼ばれています。

Myハワイではこの日、そのオイスターアワーに合わせてヘリンボーンに出かけてきました。

お店に着いたのはオープン時間の午後4時ぴったりで、さすがに一番乗り(笑)。実はこちら、Myハワイ中国語版(www.myhawaii.cn)の編集者ナンシーです。こちらの壁一面をジャングルのように飾る植物、遠くから見たときに「精巧にできたウォールアートかな?」と思っていたのですが、近づいてみるとなんと本物でビックリ。記念に素敵な写真が撮れそうですね。

早速運ばれてきたオイスターアワーメニュー。まずはこちらの「ハウス・メード・フライズ(House Made Fries)」。店内のキッチンでジャガイモの皮を剥くところからすべて手作りのポテト、これで$6~は安い! ポテトの風味と塩味が活きていて手が止まりません! ビールやカクテルのおつまみにぴったり。

次に登場したのは「プレフ・ステーキ(Pulehu Steak)」$15~。ステーキでこのお値段は格安ですよね。「プレフ」というのはハワイ語で文字通り「焼いた」という意味だそうです。

肉の焼き方は今回は周りをさっと焼いたレアですが、もう少し焼いたほうが良い場合はオーダー時にサーバーにその旨を伝えましょう。お肉はくせがなくとても柔らかで、その上質さがよく分かります。

そして、「オイスターアワー」の名前にもなっているヘリンボーン名物の生ガキがドーンと来ました! メニュー名は「トゥ・バック・シャック(Two Buck Shuck)」で、その名の通り(英口語でバックはドルのこと)、この時間帯のみ1個なんと$2…!

こちらの生ガキはシアトルから空輸されたばかりで新鮮そのもの。毎朝、最も新鮮なカキを各地から空輸するそうで、日によって西海岸シアトル(ワシントン州)やカリフォルニア州の場合もあれば、東海岸の州から来る場合もあるそうです。

生ガキをじきじきに持って来てくれたのは同店のシェフ・レイレイことレイモンド氏。この日は特別出演してくれました。

しかし、実は生ガキを食べたことのなかったMyハワイ編集部員約2名(笑)。恐る恐るレモンと特製ソースをかけて食べましたが、これが美味! 食べるとその新鮮さがよく分かります。シーフード好きの方、見逃せませんよ!

次に運ばれて来たのは、こちらの「マルゲリータ・フラットブレッド(Margherita Flatbread)」。なんとこの大きさで$11~は反則レベル! オイスターアワーだからこその価格なので、この時間帯は逃せません! フラットブレッド(ピザ生地)も、もちろんキッチンで手作りしたものです。

ハワイの地産トマトと、とろとろのモッツァレラチーズがよくマッチしています。バジルは自家栽培。ヘリンボーンは食材の質と新鮮さにとことんこだわるレストランなのです。

ヘリンボーンのオイスターアワーはもちろん食事だけでなく一部のドリンクもかなりお得になります。こちらはオリジナルカクテル2種で、左は「ストロベリー・タラゴン・カイぺリーニャ(Strawberry Tarragon Caiparinha)」。カシャッサ(ブラジルのサトウキビを使ったお酒)をベースに、タラゴン(ヨモギ系の植物)とイチゴ、ケーンシュガー、ライムが入っています。

右は「ペア75(Pear 75)」で、ジンをベースに洋ナシとレモン、スパークリングワイン入り。オイスターアワー中はどちらも$7です。フルーツの味が活きていて、すっきり爽やかなフレーバーでした。口当たりが良く飲みやすいのでスイスイ飲めてしまいますが、飲みすぎにはご注意くださいね!

ヤウアチャとヘリンボーンのお得なランチとオイスター(ハッピー)アワーのレポート、いかがでしたか? 

今回訪れた2軒ではレストランの雰囲気からスタッフのサービスも含め、どちらも最高の食体験ができました。素晴らしい雰囲気の中、一流のレストランで美味しい食事がリーズナブルに楽しめるこの時間帯を逃さず、ぜひ行ってみてくださいね!

(※記事中の料金は2018年5月現在のもので、すべて税抜き表示です)

 

◎ヤウアチャ ワイキキ店
場所:インターナショナル マーケットプレイス3階 グランド・ラナイ
電話番号:(808)739-9318
営業時間:日~木曜 11:00-22:00、金・土曜 11:00-23:00
ウェブサイト: www.yauatcha.com/waikiki/

◎ヘリンボーン
場所:インターナショナル マーケットプレイス3階グランド・ラナイ
電話番号: (808)797-2435
営業時間:ブランチ 土・日曜10:30-14:30、オイスターアワー 毎日16:00-18:00、ディナー木~日曜17:00-22:00、金・土曜17:00-23:00
ウェブサイト: herringboneeats.com/locations/waikiki/

◎インターナショナル マーケットプレイス
場所:2330 Kalakaua Avenue, HI 96815
電話番号: (808)931-6105
営業時間:毎日10:00-22:00(一部店舗除く)
ウェブサイト: ja.ShopInternationalMarketPlace.com/

 

 

 

この記事が属するカテゴリー: レストラン
関連キーワード: インターナショナルマーケット, ハッピーアワー, ヘリンボーン, ヤウアチャ, ランチ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ